2015年02月23日

はじめに

 科学史には、金地の大文字で書かれるべき大発見を成し遂げた人が多く存在します。その中でも最大級の賛辞を浴びる資格があるのがニュートンでしょう。今に至っても、彼の見出した重力理論は日常生活においてなら全く問題なく機能しています。

 そのニュートンはロバート・フックに宛てた書簡の中で、自分が大発見を為すことが出来たのは巨人の肩に乗っていたからだ、と(ニュートンにしては珍しく)謙虚に述べています。巨人というのは、彼の前に存在した数多の先人たち。そうした人々が積み重ねた知があったからこそ、自分は大発見ができた、というのです。最も、彼よりも先に同様の言い回しが使用されていたそうではありますが、彼に文辞の面でオリジナリティを求めても仕方がないでしょう。

 今は、そのニュートンの時代よりも遙かに知が積み重なっています。当時なら、世界でも有数の天才的な数学者がなんとか扱っていた数学的なテクニックは、今では微分積分として高校生が当たり前に扱うレベルになっておりますし、彼に続いて大書されるべきアインシュタインの理論ですら、高校の数学レベルの知識で導くことができるのです。

 先人たちが切り開いてきた知の地平。私はそうした世界に長く興味を持ってきました。ここでは、私の得た狭い知識を整理する場にしたいと思います。

 扱う範囲は、私の興味が赴くままになります。基本的には歴史と科学史が中心になると思いますが、神話や伝承にも話が及ぶこともあろうかと思います。あるいは人物伝であったり、単なるトリビアであったりするかもしれません。とりとめのない話に終始するかもしれませんし、そんなの知ってるよと思われることしか書けないかもしれません。所詮はどこかにある情報を纏めただけ。それは仕方がないことでしょうが、自分なりに満足のいく形に仕上げようと思っています。終着点は今の時点では全く考えておりませんが、書きたいことを書き尽くした時が終わるときでしょう。長い目でお付き合い下さるととても嬉しく思います。

 とは言っても、こちらも専門家ではなく、一介の素人に過ぎません。間違ったことがあればご指摘を頂けると非常に嬉しく思います。また、できるだけ参考文献を挙げるように致しますので、もし興味をお持ちになられましたら、是非とも手に取って頂きたいと思います。本に例えるなら、入門書がごたまぜになったようなブログを目指そうと思います。

 怠惰で無知な自分にどこまでできるかは分かりませんが、お付き合い下さると幸いです。では、御託はこれまでにして、始めようと思います。

 どうぞ宜しくお願い致します。


人気ブログランキングへ
posted by 仲井 智史 at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

どうでもいいニュース解説

 ちょっとイレギュラーな投稿になりますが、私のアンテナに引っかかるニュースがありましたので取り上げてみます。

 なすびさん、3度目のエベレスト登頂に挑戦なるニュースによりますと、芸能人のなすびがエベレストに挑むとのことです。

 まず気になるのはその動機でありまして、復興に向けた情報を世界に発信し、福島を応援したいと、おととし、去年とエベレストの登頂に挑戦しましたと言いますけど、目的と行動があっていないような気がしてなりません。

 今でも福島産の食べ物が敬遠されることがあるとも聞きますが、基準内の食品をどれだけ食べても健康被害はありませんので、合理的だとは思えません。ですから彼の心意気は買いますし、行動に移すところは良いのですけど、木に縁りて魚を求むことになりはしないかと思う次第です。

 それはそれで置いておくとして、他のところに目を向けてみましょう。

 1度目の挑戦では、天候の悪化と残りの酸素の問題などで頂上まで残り、高さおよそ100メートルで断念とあるのは、恐らく標高8,736mにあり最後の難所と言われるヒラリー・ステップのことでしょう(ご参考までに、エベレストの標高は8,848mです)。その名前は初めてエベレスト頂上を制したエドマンド・ヒラリーに由来します。

 このヒラリー・ステップには固定ロープが渡してありまして、十分な登山スキルを持つ方には難所というほどのものではないとされます。しかし、テクニカルな難しさではない問題が立ち塞がります。その正体はなんと、渋滞です。

 エベレストは1年365日いつでも登れるというわけではありません。積雪が多くて不可能だったり、季節風のせいで風による危険があったりで、登山は5月上旬に集中します。

 しかも、その日程の中でも、登山に向いた日は限られます。ですので、山頂を望めるところで待機し、天気が良いと見るや山を登るのです。そして、エベレストに登りたい人は大勢います。今では年間でおよそ4,000人が登頂を果たします。彼らが一斉に山頂を目指せば、固定ロープ一本に頼るヒラリー・ステップは大渋滞を起こすのです。

 渋滞をただ待つだけでも、高度8,000mを超える山では大変なことです。酸素の少なさは容赦なく体を蝕みます。加えて、山の天気は変わりやすく、夜にもなれば気温は低下します。

 ヒラリー・ステップの渋滞を一つのきっかけとしたのが、1996年のエベレスト大量遭難です。日本人実業家の難波康子やガイドを含む8名が死亡したこの事故も、ヒラリー・ステップの渋滞で本来の登山時刻を過ぎてから登頂した人々が犠牲となりました。

 なすびの最初の挑戦は失敗に終わったようですが、こうした過去の事例を見ますと、きちんと引くべき時に引いたのだと感心します。引き際を見誤ったことによる遭難死は少なくないようですから。兎も角、3度目の正直は成功し、福島復興に結びつくことを願っています。

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

どうでもいいニュース解説2 ブロントサウルスが帰ってきた!

 たまたまサイエンティフィックアメリカンのトップページを覗いたところ、載っていたニュースに驚きました。The Brontosaurus Is Backというのがそれです。

 ブロントサウルスの名前を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、そのような恐竜は存在しないとされてきました。ブロントサウルスと命名されたのは新種ではなく、アパトサウルスという別の恐竜だと判明したのです。このような場合、先に名前の付けられた方に統合される(一部に例外有り)というルールに則り、ブロントサウルスはアパトサウルスと呼ばれることになったのです。

 記事によりますと、研究の結果、ブロントサウルスとされた骨はアパトサウルスとはいくつかの点で違いがあることが判明したそうです。ということは、ブロントサウルスの名前も復活するかもしれません。

 それにしても、部分部分でしか発見されない骨の僅かな違いから種の違いを見分け、あるいは共通点を見つけ出し、種を同定するのは本当に大変なことのようですから、外野から面白そうな結果だけをつまみ食いできるのは有難いものです。

 と、大興奮して読んでから調べてみたら、しっかり日本語でも記事が出ていたのですね。まずはググるべきでした。

「ブロントサウルス」が帰ってきた 独立した種類の恐竜だったと結論する新研究
posted by 仲井 智史 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

どうでもいいニュース解説3 <義務教育>不登校児のフリースクールを容認 法案提出へ

 少し気になるニュースがあったので、久々にこのコーナーを活用します。

 毎日新聞が報じたところによりますと、<義務教育>不登校児のフリースクールを容認 法案提出へという動きがあるそうです。

 法案は「多様な教育機会確保法(仮称)案」。基本理念に「年齢や国籍に関わらず、義務教育を受ける機会を与えられるようにする」と掲げた。

 保護者には学齢期(6〜15歳)の子どもを小中学校に通わせる義務があるが、不登校の小中学生は13年度に約12万人に達し、6年ぶりに増加した。一方、NPO法人などが運営するフリースクールは法律上の位置付けや公的支援はないものの、全国に約400あり、約2000人が学んでいるとみられている。通っている子どもの多くはほとんど登校していなくても校長の裁量でそのまま卒業しているのが実態だ。こうした現状から、議連はフリースクールも義務教育の場として認めて支援することが必要と判断した。

 法案は、保護者がフリースクールや自宅で何をどう学ぶかを「個別学習計画」にまとめ、これを市町村教委が認定すれば、子どもを就学させる義務を履行したとみなす。修了すれば小中学校卒業と同程度と認める仕組みを想定している。フリースクールの授業料は月額数万円かかり、経済的理由であきらめる親子も少なくないため、法案は国や自治体に必要な財政措置を求めた。


 実は、こうしたフリースクールを活用している国があります。アメリカです。何故アメリカではフリースクールがあるのでしょうか?それは、学校で進化論を教えられたくないからです。

 アメリカは非常に宗教色の強い国です。大統領選挙では候補者がどの教会に通っているかがクローズアップされる程で、宗教右派の所謂原理主義者がキャスティングボートを握りかねない勢力を持っています。

 原理主義は、最近の国際状況のお陰でイスラームが多いように思われるかもしれません。しかし、元々原理主義とは聖書に書かれていることは絶対であるというキリスト教徒に対して使われるようになった言葉です。こうした原理主義者にとって、神の教えに反するとされる進化論を我が子に教えようとする学校教育は悪の権化なのです。

 今回提出された法律は、基本的に善意に基いて提出されているでしょう。それが正しく働くうちは、私も諸手を上げて賛成したいと思います。

 しかし、ある政治団体や宗教団体、外国人といった集団が、自分たちに都合の良い教育を子どもたちに施すリスクもまた忘れてはならないでしょう。特に、オウム真理教のような危険な集団が、次世代を担う子どもたちを囲い込んで、自爆テロを行うイスラーム原理主義者のような存在に仕立てあげてしまっては、理念に基いて運用している方々まで迷惑を蒙るようになることでしょう。

 また、子どもを虐待している親が、その事実が露見しなようにと自宅で教育を受けさせていると主張した場合、子どもを救う機会が失われるかも知れません。ろくに食事も与えられない子どもにとっては給食だけがまともな食事であることすらあるのです。

 運用にあたっては細やかな指導を欠かさぬよう、当局には注意をお願いしたいところです。

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

どうでもいいニュース解説4 派遣自衛隊員の自殺者はイラクで29人、インド洋25人

 朝日新聞が、大変に痛ましいニュースを報じました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000012-asahi-polということで、54名もの自衛官が自ら命を絶たれたということです。

 2003年から09年までイラクへ派遣された自衛隊員のうち、在職中に自殺で死亡したと認定された隊員が29人いることがわかった。27日の衆院の特別委員会で明らかになった。防衛省によると、うち4人は、イラク派遣が原因のストレスで自殺に至ったとみられるという。イラクに派遣された自衛隊員は陸海空の各自衛隊で約9310人。

 01年〜07年のテロ特別措置法にもとづくインド洋での給油活動に従事した隊員のうち、在職中に自殺で死亡した隊員は25人だった。こちらは、派遣が原因と認められる自殺者はいないという。この期間に派遣された海空の自衛隊員はのべ約1万3800人で、実数は明らかにしていない。

 自殺者の総数については、共産党の志位和夫委員長の質問に防衛省の真部朗人事教育局長が答えた。真部氏は「個々の原因を特定するのは困難だ」と語った。志位氏は「自衛隊員の戦死者が出ていないものの、犠牲者がでていないわけではない」と指摘した。(三輪さち子)


 イラクへ派兵された隊員では、9310人に対して29人ということで、随分と多いように見受けられます。インド洋へ派兵された隊員はのべ数ですので、正確な数字は出せませんが、およそ3割が複数回の派兵を経験されているとすると、約1万人に対して25人ほどと考えることができるでしょうか。

 恐らく、共産党の志位委員長としては、戦死者こそいないものの、犠牲者はいるのだから派兵は辞めるべきだと主張したいのでしょう(過去の共産党の主張から私が推測したものです)。

 しかし、こうした結論に飛びつくのは少々早いように思います。

 日本の自殺者は、先進国ではかなり高い方だと言われます。派兵があろうとなかろうと、一定の割合の方は自殺されていたと考えるのが合理的です。

 内閣府が公表している昨年度の自殺者統計第2章 平成26年中における自殺の内訳の12枚目(ページ数は14とふってあります)「補表1−1 年次別自殺者数」で、直近10年間の男性の自殺率平均(※)を出してみると、10万人あたり34.5人の方が自殺されていることが分かります。

 イラク派兵が2003〜2009年であることから、平均すると派兵から10年を経過するとします。日本男性の平均を当てはめると9310人の隊員からは、平均して32.1人の方が自殺されると予想されます。

 また、2001〜2007年のインド洋派兵では12年平均して経過していると仮定しますと、平均して41.4名の方が自殺されていると予想されます。

 実際に自殺されている方はイラク派兵で29名、インド洋派兵で25名とのことですから、日本の男性平均よりも自殺率は低いと言えます。

 自衛隊員は、高い意識で現場に向かわれている方々です。紛争の鎮圧あるいは抑制に直接関わるわけでは無いにしても、支援や復興に大変な努力をされていると思います。そうした方々が自ら命を断たれるような状況は極力減らしていかなければならないのは当然でしょう。しかしながら、こうして自殺者が出るから危険なのだ、派兵は行うべきではないというのは、彼らの努力に対して、逆に失礼なのではないでしょうか。

 一方で、政治には、彼らの命を担っているという自覚と、覚悟が必要です。もちろん、投票を通じて政治に参画している私達も、です。安全保障についての見直しが急速に進もうとしている中ですから、きちんと考えていかなければなりませんね。



※女性でも派兵されていた方がいらっしゃるのは間違いないと思いますが、比率が分かりませんし、元々の女性隊員割合がおよそ5%であることから計算を簡単にするためにここでは省いています(加えても、平均から予想されるよりも自殺者が少ないことは変わりません)

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村