2020年05月21日

後漢 質帝殺害 質帝は梁冀の専横を憎んで「跋扈将軍」と呼んだため、怒った梁冀は鴆毒で質帝を殺してしまう 鴆毒について

 質帝は幼い頃から聡明でした。そして、梁冀が驕り、恣に振る舞っていること知って梁冀を嫌い、李固を頼ろうとします。しかし、梁冀を「これは跋扈(強く荒々しい)将軍だ」と言ったことから、梁冀は直ちに食事に鴆毒を盛り、質帝を殺してしまいました。146年のことです。後漢書は「質帝が弑逆されたのは聡明だったからである」と記しています。

 この鴆毒とは、毒蛇のマムシを常食することで毒をもつようになった鴆という毒鳥の羽を酒に浸して得たものとされます。1990年代に入るまで毒を持つ鳥は知られていなかったので、鴆は伝説であろうとされていたのですが、ニューギニアに住むピトフーイという鳥が毒を持つことが分かり、今では絶滅したピトフーイの近縁種かとされたことがあります。鴆実在説はそれはそれで面白いのではありますが、『周礼』に見える、雄黄(ゆうおう)、礜石(よせき)、石膽(せきたん)、丹砂(たんしゃ)、慈石(じしゃく)を素焼きの壺に入れて加熱し、立ち上る煙でニワトリの羽を燻すと猛毒の羽になるとあるのがその正体なのでしょう。雄黄はヒ素化合物なので、毒の主成分はヒ素ということになります。

 ヒ素は広く分布しているため、古くから毒殺に使われてきました。ヒ素化合物は全て毒ですが、入手しやすいのは亜ヒ酸です。冷水には溶けませんが、温水にはよく溶けます。質帝を殺す際にはスープに鴆毒を入れたとありますので、亜ヒ酸での毒殺はうなずけますね。ヒ素は体内に入ると、酵素と結びついてその働きを阻害することで、全身に毒性を発揮します。致死量未満のヒ素に慢性的に晒されると、ヒ素がタンパク質合成に悪影響を与えることでがんのリスクが上がります。余談ながら、『毒物雑学事典―ヘビ毒から発ガン物質まで (ブルーバックス) - 大木 幸介』によりますと、ドイツではブドウ栽培に砒酸鉛を使用しているため皮膚がんと肺がんが多いとのことです。

 さて、主君を暗殺した梁冀は次の皇帝を立てなければなりません。李固を始めとする官僚の一部が推したのは清河王劉蒜(りゅうさん)です。


毒物雑学事典―ヘビ毒から発ガン物質まで (ブルーバックス) - 大木 幸介
毒物雑学事典―ヘビ毒から発ガン物質まで (ブルーバックス) - 大木 幸介


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 14:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村