2020年05月16日

後漢 梁商の娘の梁妠(りょうなん) 班始は妻が若い男の同衾を見せつけたのを怒って妻を殺害、一家が滅される 梁妠の立后

 班始は章帝の孫で順帝の叔母にあたる陰城公主を娶っていました。この女性は大変に困った性癖の持ち主だったようで、班始をベッドの下に居させておいて、若い男と同衾したのです。怒った班始は公主を刺殺しました。順帝は激怒し、班始とその兄弟は全員腰斬とされたのです。

 現在でも、女性が最も殺されやすい状況は、別の男との行為が露見した時だとされます(別の男性とする姿を見て興奮したいという性癖の持ち主もいるようですが)。人の気質は変わらないものなのですね。

 西域で活躍を見せている班勇は班超の息子なので、この班始の誅殺のとばっちりは受けず、西域に残っています。

 132年正月梁商の娘の梁妠(りょうなん)が皇后となります。

 梁妠は幼い頃から教育を受け、史書を好み論語を諳んじたという才女です。128年に13歳で後宮に入り、順帝に尊重され、貴人に昇進していました。それが皇后となったのです。

 父の梁商には特進が与えられ、領地は増やされ、座乗の車とそれを引く4頭のウマも与えられるという、外戚の特権を得ます。同年中には執金吾に昇進も果たし、134年には大将軍も加えられました。

 梁商は外戚であることに加えて政府内でも高位に付いたわけですが、常に謙虚で温和にするよう心がけ、賢良を推薦しています。例えば長安で幼少のころから学問に励んでいて、一度は仕官したものの讒言にあって下野していた李固を推薦しています。

 また、飢饉が発生する都度、自分の封じられた土地から租税として得た穀物を名を明かさずに供出してもいました。

 心優しい梁商でしたが、優しい人の多くが決断力を持たない典型で、引っ込み思案で宦官に対しても弱腰でした。

 一部の宦官は優柔不断な梁商が寵愛を受けていることを憎みます。不満を抱く宦官たちの中心だった中常侍の張逵らは、梁商と同じく中常侍の曹騰らを追い落とそうと「梁商らは王子たちを廃立させようとしていますので、彼らを捕えて罪に問うべきです」讒言します。しかし、皇帝は「大将軍父子は朕の親しい存在で、曹騰らは朕の愛する人びとである。そのようなことはない。お前たちが妬んでいるだけであろう」と却下しました。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村