2020年05月06日

後漢 和帝の死 和帝の子は不自然にも次々と夭折していたため、和帝が死ぬと民間に預けられていた生後100日あまりの劉隆が即位する

 紙の普及は学問だけではなく、社会も変えていくことになりました。即ち、後漢時代に初めて、安く軽量の紙の書籍が出現し、書籍の流通も進んだのです。三国時代を経た後の晋の時代には、ベストセラーが誕生したために紙需要が急進したことで紙の単価が上がったことから「洛陽の紙価を高からしむ」の言葉が生まれています。これにも、紙の普及だけではなく安価な書籍の誕生が背景にあるのです。

 多くの書籍を入手可能になると、人材に求められる知識量も変わっていきます。前漢は書籍を手に入れることが困難でしたから、1つのテキストに通じていれば良かったわけです。ところが、複数のテキストに通じなければ一人前とみなされなくなっていったのでした。受験生の皆さまは、他の誰よりも前にまず蔡倫を恨むべきかもしれません。

 同年、和帝が死去します。

 和帝は多くの皇子に恵まれてはいたのですが、不自然なことに次々と死んでしました。和帝は外戚や宦官が手を下しているのではないかと疑い、新たに生まれた子を民間で育てさせていました。即位することになったのは、この民間育ちの劉隆で、この時まだ生後100日にも満ちていませんでした。長い中国の歴史でも最年少の皇帝、殤帝の誕生です。この赤ん坊を支えることになったのが、和帝の2番めの皇后となっていたケ綏です。ケ綏は後漢建国に功績のあった将軍たちの中でも筆頭に叙せられるケ禹の孫娘に当たります。15歳で後宮に入ったときから美貌で知られ、後宮では後漢書を著した班固や西域経営に当たった班超らの妹の班昭から経書を習うなど、才色兼備の女性でした。

 しかし、その美貌は和帝の最初の皇后である陰皇后(光武帝劉秀の皇后陰麗華の兄の陰識の曾孫)の嫉妬を買うようになります。陰皇后はケ綏に呪いをかけていましたが、和帝に告発されたことから廃位されました。ケ綏は立后を一度は拒みましたが、和帝は彼女を2番めの皇后としたのでした。このケ綏が頼ったのは、兄のケ隲です。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村