2020年05月01日

後漢 班超の死 中央への官吏推薦として孝行や廉潔が重要視されるようになる ようやく帰国を許された班超、帰国するも翌月に世を去る

 班超はこのように切々と訴える上奏を行います。班超の妹の班昭もまた、兄がどれほど西域を安定させるために尽くしたかを説き、寄る年波には勝てず病に冒され、異民族に攻撃されれば兄の体は心に従っては動かず、国家累世の功績すら損なってしまうでしょうと上書し、帰国を求めました。

 流石に朝廷も班超の帰国を認めることになります。

 101年、孝廉の推挙人数に変革が行われます。

 官僚として登用されるには前漢に引き続いて、賢良、方正、直言、極諫、茂才(元は秀才でしたが、劉秀の諱を避けて名前が変わりました)、孝廉などの徳目に従い、中央の高官や地方の郡太守が推挙する方式でした。その中でもとりわけ重要視されたのが、孝廉です。

 中央の高官だと、3公は2人、光禄勲は3人などと役職によって決められる人数を、地方は郡国ごとに2人を推薦することになっていました。大きな郡は200万人を大きく超え、小さな郡は10万人未満でしたから、この方法だと著しく不公平となります。そこで、人口20万人ごとに1人と変更されました。推薦された者は郎となり、地方の官吏に任命されます。これは親族にコネのない者には出世の数少ないルートとなりました。

 孝廉の孝は父母に孝行であること、廉は清廉潔白を意味します。畢竟、出世のために孝行や清廉を装う者が続出します。彼らは出世のために演技をしているに過ぎませんから、登用されると孝行も清廉も放り捨てるケースが出たそうです。

 本末転倒な話ではありますが、人の悲しい気質なのでしょう。こうした事例を見ると、テストの点で採用を決めるのは悪いことではありませんね。少なくとも、テストで高い点を取る能力があることだけは偽ることができませんから。

 102年8月、班超は遂に生きて洛陽の土を踏みました。西域に赴いて、31年という長い年月が流れていました。班超は宿衛の兵を司る射声校尉に任じられましたが、すでにその体は病に冒されていました。皇帝は中黄門を遣わして薬を与えますが、その甲斐なく、翌9月に世を去りました。享年、71でした。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村