2020年04月06日

後漢 封禅の儀 56年、前漢の武帝以来となる封禅の儀が行われる 秦の始皇帝同様に、新たな王朝を開いたことを天に報告する儀式だった

 劉恭を殺した劉鯉が世話になっていたのが、劉玄と郭氏の次男にあたる劉輔です。

 劉輔は右翊公に封じられましたが、母が廃位されるに当たって中山王に、次いで沛王になっていました。劉鯉はこの劉輔の賓客となっていたのですが、その立場でありながら、劉恭を殺害したのです。劉輔はすぐに釈放されましたが、郭氏が死ぬと同じようなことを防ぐため、王侯の賓客が逮捕され、数千人が命を落とすことになりました。

 賓客と言っても、彼らは要は無頼ですから、法律に従わないことが多々あったのです。この後、生き延びた者は法律に従うようになったと記されているので、相当好き勝手をしていたのでしょう。

 こうしたごたごたはありましたが、基本的には統一後は落ち着いた時代でした。西域経営を放棄していたこともあって国力は回復基調にありました。

 56年、劉秀は泰山で封禅の儀を執り行います。数年前から臣下から封禅の儀を勧められていた劉秀でしたが、まだそのときではないと拒否し続けていました。しかし、『河図会昌符(かとかいしょうふ)』なる図讖を読み、封禅の儀を行うことを決めます。

 56年3月、前漢の武帝以来の泰山封禅が行われました。新の王莽も実行しようと考えてたようですが、その前に王朝が己の命もろとも無くなってしまいましたから、実行できずに終わっています。

 この時の儀式は、武帝同様というよりもむしろ秦の始皇帝同様に、新しい王朝を開いたことを上天に報告するものでした。まず泰山の麓で天を祭る儀式が行われ、そして長子で皇太子を廃された劉彊や百官を連れた劉秀は泰山を登り、天に報告する文の刻まれた玉牒を納めました。

 なお、この玉牒とは、「玉で作られた厚さ5寸、長さ1尺3寸、広さ5寸の札書で、これを玉検という玉で作った蓋でおおい、黄金の糸で5重にしばり、その結び目を水銀と黄金とを混ぜた泥で封じ、皇帝みずから方1寸2分の玉璽で封印」(『秦漢帝国 (講談社学術文庫) - 西嶋 定生
』)という豪華なものです。

 玉牒を封じて下山すると、その3日後には梁父という土地で地の神を祭り、封禅の儀は完了しました。

秦漢帝国 (講談社学術文庫) - 西嶋 定生
秦漢帝国 (講談社学術文庫) - 西嶋 定生


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 14:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村