2020年02月23日

後漢 赤眉の皇帝擁立 赤眉は軍の中にいた式侯劉萌の子、劉盆子を皇帝として擁立する 劉秀、兄の仇の朱鮪が守る洛陽を攻撃する

 皇帝が立てば、皇后も冊立されます。若い頃から「妻を取るなら陰麗華」と言っていた劉秀は陰麗華を皇后に冊立しようと望みましたが、既に郭氏が男児劉彊を生んでいたため、皇后は郭氏となりました。当然、劉彊が皇太子となります。

 同じく6月、赤眉は軍中にいた斉の巫の言葉を受けて天子を立てることとしました。巫は呂氏の乱鎮圧に大功を立てた朱虚侯劉章を祀った際に、王朝を建てるべしとの託宣を受けた、と主張していました。

 そして、軍中にいた劉章の子孫を名乗る者70人余りの中から、最も血筋の近いと考えられる者3人を選び、クジで天子を決めました。それが、15歳の劉盆子です。

 劉盆子は式侯劉萌の子で、赤眉が式を通過した際に兄弟と共に連れ去られていました。赤眉が臣と称して傅くと恐怖で泣き出しそうになり、持っているように命じられた苻を齧って折ってしまった、と伝えられます。自ら反乱に身を投じたわけではない劉盆子にとって、さぞ居心地の悪いものだったでしょう。

 赤眉は劉盆子に漢の火徳を示す赤い単衣と赤い頭巾を着せ、年号を立てて建元としました。そして役職も定めて王朝の形だけは整えました。しかし、丞相となった徐宣は県の獄吏を務めただけ、御史大夫となった樊崇は文字を読めないといった有様で、国を支える統治機構は全くできていませんでした。

 結局、赤眉は王朝を名乗りながら劫掠を続ける野盗集団から抜け出してはいなかったのです。

 さて、劉秀は即位翌月の7月には三公以下の人事を固めます。大司徒ケ禹、大司馬呉漢、大司空王梁、という顔ぶれでした。
 体制を固めた劉秀は、直ちに兵を発して洛陽を囲みます。

 洛陽は、新市の指導者の1人で劉玄に長く仕えてきた大司馬朱鮪が守っていました。朱鮪は劉縯誅殺を進言した人物でしたね。

 朱鮪が漢復興にかける思いは他の者よりも厚かったようで、劉玄が自分を含む功臣を王に封じようとしたところ、劉氏以外を王にすべきではないと反対、封じられた膠東王の地位を辞退しています。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村