2020年02月01日

新 後世の評価 後漢はその成立の事情から新には批判的だった 前漢末から再統一までで、人口は6000万人から2000万人に急減している

 新が滅亡した後に成立した後漢は、その成り立ちから新には極めて批判的です。そのため、私達が利用できる史料はそもそも過度に王莽に批判的だろうと予想されます。

 その後漢時代に生き、漢書を編纂した班固は、王莽が国政を補佐していた時については国家のために力を尽くし、まっすぐな行いをしたと評価しています。

 もし王莽が皇帝になるという野望を持たず、周公旦のように皇帝を支える存在であり続けようとしたのなら、或いは彼の名は有能な名臣として残ったのかも知れません。

 しかし、現実には、王莽は中国を一度破滅に導きました。その破滅は、信じられないほどの規模でした。
前漢最後の皇帝平帝の時代に戸籍調査が行われており、そこでは中国の人口は6000万人に達していました。しかし、新が崩壊して後漢が成立した時には2000万人にまで減少していた、というのです。王莽が妄想に近い理想を追い求め、その現実から遊離した理想を崩壊させるために4000万人の血を必要とした、ということになります。

 ただ、グリーン革命が起こる前の中国において、6000万人もの人口を社会が抱えることは困難だった、という側面もあるのでしょう。三国時代も人口が急減した時代ですが、やはり6000万人を超える人口を抱える超大国が崩壊していきます。そうしたことはあるとしても、人災の側面は強調してもし足りないのは間違いないでしょう。

 王莽への低い評価は日本でも同様で、『平家物語』はかの有名な「祇園精舎の鐘の声」で始まり「たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」一節に続いて、「遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱?、唐の禄山、これらは皆旧主先皇の政にもしたがはず、楽しみをきはめ、諌めをもおもひいれず、天下のみだれむ事をさとらずして、民間の憂ふる所をしらざりしからば、久しからずして、亡じにし者どもなり」と中国の佞臣を非難する、その2番目に王莽の名前が見えますね。

 私は王莽が暗君とされる理由があり、同時に君主制の問題が凝縮されているように思われてなりません。

 唯一溜飲が下がるのは、その長い長い死者の名の列に、王莽の名も含まれていることでしょうか。

 では、次回からは王莽亡き後の世界について見ていこうと思います。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村