2020年01月21日

新 骨抜きにされる改革 古礼に従って商工業者の利益を抑えようとしたが、ノウハウが無いためかえって失敗 関係の悪化した匈奴への出兵

 銅の採掘を自由にすれば、呉楚七国の乱における呉王劉濞のように自ら銅銭を鋳造する者が現れますから、当然のことでしょう。私鋳を許せば貨幣がだぶついてこれまたインフレーションが起こる可能性がありますし。

 また、物価統制として、各地に五均官を置いて季節ごとに標準価格を決めさせようとしました。新の物価統制は、漢で実施された均輸法、平準法を拡大したものです。

 新は農本主義を採用していましたから、農民を圧迫するような大商人に否定的でした。特に商工業者が暴利を得ることを防ぐ目的でしたから、儒家的な思想、特に周礼に合致する政策です。

 ただ、国の専売対象を広げたり、規制を強化することは国家が利権を抱えるようになることを意味します。そのため、国が民と利益を争うとの批判があったそうです。

 法律を骨抜きにしてしまったのは現実です。国家がある日突然金融業に乗り出そうとしても何のノウハウもないのですから、地方では実務を理解する大商人に頼らざるを得ないのです。規制対象としたい大商人に帳簿を預ければ、不正などやりたい放題ですね。案の定、大商人はカラ帳簿で規制に対抗し、法律を骨抜きにしてしまいました。いえ、それどころか、大商人のやりたい放題が国のお墨付きになったようなものですから、人々はますます苦しむようになったのでした。

 同じく10年には、関係の悪化した匈奴へ出兵が行われます。

 匈奴との紛争は印綬だけが原因ではありません。新成立に先立つ後2年、漢と匈奴で約定が結ばれます。その条項に、中国人で匈奴に逃亡するもの、烏孫から匈奴に投降する者、漢王朝の印綬を受けた国から匈奴に投降する者、烏桓から匈奴に投降する者の受け入れを匈奴は拒否すべきことがありました。

 ところが、この後に烏桓が匈奴の影響下から離脱しようとして、匈奴の攻撃を受けて傘下に戻るということが起きます。印綬交換の際、烏桓人がいるのを目にした新の使者は、烏桓人を故地に返すよう要求しましたが、匈奴は拒否しました。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村