2020年01月18日

新 王莽人事 金匱策書に基づいて、金匱策書をでっち上げた哀章や、美名というだけの王盛、王興が抜擢される

 さて、王莽は即位すると、早速人事を固めるのに合わせ、官制改革を行いました。特筆すべきは、哀章の金匱策書の符命を実現することを前提に改革が行われたことでしょう。

 新たな官制でトップとなったのは、4輔(太師、太傅、国師、国将)、3公(大司馬、大司徒、大司空)、4将(更始将軍、衛将軍、立国将軍、前将軍)です。

 このトップ人事が金匱策書に従って行われたのです。

 太師には王舜、太傅には平晏、国師には劉歆が任じられました。ここまでは良いでしょう。王舜は王莽の腹心で、玉璽回収を任された人物ですし、劉歆は学者として名高く王莽が招聘した人物です。また、平晏はこれまで触れていませんでしたが、父は丞相の平当で本人も尚書令や少府などを歴任してきた重鎮です。問題は、国将となった哀章です。

 哀章は金匱策書を発見した、という人物でしたね。もちろん、このようなものが自然にできあがるはずはなく、哀章がでっち上げたものです。讖緯説だけを出世の手段にするような輩が、いきなり国家の重鎮になってもまともな仕事などできません。放埒ぶりだけは群臣の中でも頭抜けていましたが、能力不足は明らかでした。しかし、王莽は自分が皇帝になれたのは哀章のでっちあげのお陰だったこともあり、哀章を罰すようようなことはありませんでした。

 金匱策書に基づいて、何の功績も無いのに抜擢されたのは、何も哀章ただ1人ではありません。哀章は、(厚かましくも自分の名前を加えた他は)基本的に王一族や政府高官の名前を記載していたのですが、例外として王という姓に良い響きの名前を加えた王盛、王興という名前がありました。

 これらの名前は王一族には無いものでした。そこで、王莽はこの名前を持つ下級官吏や庶民を探し出し、衛将軍、前将軍に就けたのです。どうやら、王莽の懐疑心は息子を殺すことにしか役に立たなかったようです。世界一役に立たない能力ではないでしょうか。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村