2020年01月11日

新 権力の絶頂へ 王莽は謙譲を装って娘を皇帝と結婚させることに成功し、宰衡なる称号を得、更に九錫を与えられて絶頂期を迎える

 後3年、王莽は自分の娘を皇后にしようとして後宮を充実させるように進言します。ところが、吏が挙げた候補の中には王一族の娘が多くいたため、王莽の娘が選ばれる可能性は高いものではなくなってしまいました。もし王莽の娘以外の王氏の娘が皇后になれば、皇后の父親へと王莽の権力は移ってしまうでしょう。

 そこで、王莽一計を案じ、謙譲を装って「私は徳がなく、娘も優れてはおりませんので、他の子女と一緒に選ばれるほどではありません」と言って辞退しようとします。王太后はこの言葉を嘉して、王一族からは皇后を選ばないよう命じました。

 これに対し、庶民から大臣に至るまで、王莽の娘を皇后にすることを求める上書を提出します。王莽が裏から手を回したのでしょうね。ともあれ、上書を受けて王太后は王莽の娘を皇后に冊立することを認めました。

 晴れて皇帝の義理の父となった王莽には宰衡の称号が与えられました。この聞き慣れない称号は、殷王を補佐した伊尹の役職阿衡と周王を補佐した周公旦の役職太宰から採ったもので、列侯や諸侯王よりも立場が上であることを示すものです。自分の野心を優先させる王莽が、何があっても主君を補佐することを貫いた両名を慕っていたと言われても、何の冗談かと思ってしまいますね。

 この結婚は、王莽の娘にとって不幸でしかないものになっていきます。その悲しい未来はもう少し後に見ることになるでしょう。

 結婚翌年の後5年、王莽の娘が初潮を迎えます。初潮を「子孫の端」と言っていたそうで、王莽はこれを祝って杜陵から漢中まで、子午道と呼ばれる道を作りました。子午道は関中と漢中を結ぶ主要な道路として、この後も長く使われることになります。

 同年5月、王莽へ九命の錫(九錫)が与えられます。これは『周礼』に基づくもので、功績が特別著しい臣下に9種の賜物を与えるものです。この九錫は、簒奪に先立つ儀式として踏襲されていくことになります。

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村