2020年01月09日

新 安漢公王莽 新皇帝の外戚を排除した父を諌めた長男すら自殺させて王莽は権力を守る 益州南方の越裳氏が雉を献じたことから王莽は安漢公となる

 王莽は手に入れた権力を二度と手放す気などありませんでした。儒家が称揚して已まない周公旦は主君が幼少のうちは主君に代わって力を握りましたが、成人すると権力を奉還したからこそ素晴らしいと言われているのに、どういうわけか儒教原理主義的な王莽がそうした生き方に従わなかったところを見ると、王莽は単なる権力亡者にしか見えなくなるのが不思議です。

 と、つい嫌味を書いてしまいましたが、霍光一族の例を見ても明らかな通り、独裁国家では失脚は即ち死、それも一族の滅亡に繋がりかねませんから、まあ彼にも思うところはあったのかも知れません。

 王莽の長男の王宇は、衛一族を排除する父を諌めようと考えます。その王宇に、「讖緯説を採用する王莽には諫言よりもむしろ怪異を利用した方が効き目がある」と進言した者がいます。そこで、王宇は妻の兄の呂寛に夜の間に王莽の門に血を塗らせました。

 この経緯を王莽が知ってしまいます。王莽は王宇とその妻を自殺させ、呂氏と衛氏は滅ぼされてしまいました。権力ためなら息子も殺すという冷酷さです。

 王莽は既に簒奪を考えていたのではないでしょうか。その究極の目的を達するためなら、息子をも切り捨てる覚悟だったように、私には思われます。

 同じく前1年、益州南方の越裳(えつしょう)氏が白雉1羽と黒雉2羽を献上します。これは周公旦が摂政の際に、その徳を慕って越裳氏が献上した故事を踏まえてのことです。王莽が裏で手を引いていたのですね。群臣たちは「王莽は周公旦と同じように漢を安んじたから献上があった」と言って、安漢公という称号を王莽に贈るように上奏します。 平帝に拒否ができるはずもなく、王莽は新たな称号を手にしました。

 漢を内側から食い尽くそうという王莽に、「漢を安んずる」という称号は悪い冗談としか思えませんね。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村