2019年10月22日

漢武帝 史記の改変 武帝後の前漢を知るための書、漢書 司馬遷と班固の置かれた境遇は史記と漢書の性格の違いを際立たせることになる

 また、父の司馬談が執筆に関わっていたこともまず間違い有りません。「私はだれそれから直接話を聞いた」というような記述があります。例えば刺客列伝の荊軻による始皇帝暗殺未遂事件について、「太史公」は薬嚢を投げて始皇帝を救った夏無且と付き合っていた公孫季功と董生が話を聞いており、それを話してもらったと記しています。

 始皇帝暗殺未遂事件が前227年、司馬遷の誕生には諸説ありますが、前145年としても、話を聞ける頃には100年ほど経っておりますので、不可能ではないにしても可能性は低いように思います。

 司馬遷の断筆後も、史記に追記したり劉向やその子の劉歆(りゅうきん)らのように続編を記す者も現れます。ただ、それらは質の面では足りないとされていて、史記の質の良さを感じさせるものになっているようです。

 こうした後世の加筆よりも、我々が漢を知るのに役立っているのは後漢に班固らによって著された『漢書』です。後漢の明帝は班固を蘭台令史という役職につけ、漢書を編纂させました。蘭台令史は司馬遷の就いていた太史令と比べて遥かに低い役職です。太史令が600石だったのに対し、蘭台令史は100石にすぎません。

 一方、司馬遷は役所の文書を使いつつも史記は命令を受けて書かれたものではないのに対し、班固は漢書編纂を命令されて行っておりますので、その差があるのでしょう。しかし、国の命令を受けたということは、国の姿勢から離れることは許されない、ということを意味します。既に儒教倫理が行き渡っていたため、漢書は史記と比べて自由さや国家批判という色彩をほぼ持たないものになっています。

 漢書もまた班固一人によって書かれたものではありません。光武帝に仕えた父の班彪の記録に負うものが多くありました。班固は漢書を完成させることができないまま世を去り、その完成は妹の班昭が担いました。

 こうして劉邦から王莽までの230年間の歴史を12本紀10志8表70列伝にまとめた漢書が成立しました。史記以降の歴史については、なによりもこの漢書が基本的な史料となります。

 班固ら文人一家については、異色の存在にも見える班超とともに、後に見ることになるでしょう。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村