2018年05月01日

春秋戦国 春秋戦国という時代5 貨幣の種類と使用の分布 刀の形をした刀銭やコヤスガイの形を留める銅貝

 空首布は洛陽近辺で見られるのですが、周は内乱続きで貨幣発行能力があったのか疑問視されており、国ではなく有力な商人が発行した可能性も指摘されているそうです。『地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国 (東方選書)』は最初の青銅貨幣が民間で発行されたことは、民間の経済活動において一般民衆にも受容されやすい実用道具がモデルに選ばれたことからも証することができるであろうと、銅貨の形態から見て無理のない仮説であろうと指摘しています。

 その後、貨幣は多様な発展を遂げ、春秋から戦国時代にかけて非常に多くの形状を持つ貨幣が流通しました。40gにも達する、大きな刀の形の貨幣もあります。流石に実用性には欠けたと思われます。

 コイン1つ1つが等しい価値を持つのではなく、重量によって価値が変わる秤量貨幣でした。一部を切り取って使用することもあったため、ナイフで切り取った跡を残す貨幣も出土しています。

 経済の発展は都市への人の流入をもたらします。戦国時代の斉の臨?には70万人が暮らしていたとされます。これは文句なしに当時における世界最大級の都市人口です。

 折角の機会ですので、時代を下って秦に至るまでの貨幣史を上掲書から拾ってみます。

戦国時代の貨幣は、大きく分けて金貨と銅貨があり、銅貨には鎛(はく)・鏟(さん)に因む布銭、小刀に因む刀銭、最初は円孔(円い穴をもつ。この円孔円銭を環銭という)をもち、後には方孔(四角い穴をもつ。この形態の円銭を方孔円銭という)をもつようになる円銭、そして子安貝の伝統を継承した銅貝(どうばい)の四種類がある、という定説的認識はほとんど動かない。


 上掲書から、それぞれの貨幣の使用領域をまとめると下のようになります。

   周 秦 韓 魏 趙 宋 燕 斉 楚 
布銭 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯    
刀銭         ◯   ◯ ◯
銅貝                 ◯


 布銭が最も一般的で、東北側で刀銭が使われ、楚では興味深いことにより古い起源を持つ貝を象った銅貝が使われたのですね。

地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国 (東方選書)
地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国 (東方選書)


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ラベル:春秋時代 中国
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村