2017年07月17日

ローマ3 ネルウァ ドミティアヌス暗殺団、老いた元老院議員ネルウァを皇帝に選出

 随分と寄り道をしてしまいました。ローマ史という点では、フラウィウス朝3代目の皇帝ドミティアヌスが暗殺されたところまで辿り着いていますので、その続きと行きましょう。

 ドミティアヌス暗殺のまさにその当日、病弱で老齢の元老院議員、ネルウァが即位します。ネルウァは共和制時代から続く名門中の名門出身に生まれました。祖父はティベリウスの隠遁に同行した教養人です。

 ネルウァ本人も順調に出世を重ねていました。65年のネロ暗殺の陰謀が発覚した際には、かの佞臣ティゲリヌスと共に取り締まりに当たり、ネロの信任を得たようです。フラウィウス朝でも重用され、ウェスパシアヌス、ドミティアヌスの同僚執政官を務めています。ただ、属州総督や軍の指揮官には就いていませんでした。

 暗殺の首謀者たちがネルウァを担ぎ出したのは、彼が自分たちのような既得権益を握る存在と利害を同じくする名門出身であったこと、老人なので突飛な行動を取らないであろうことがあったのでしょう。緊急リリーフにはもってこいの人材だったのではないでしょうか。

 ネルウァは早速、元老院議員を処刑しないと誓い、自分の出身母体に迎合する姿勢を見せます。ドミティアヌス時代は元老院議員であっても不興を買えば処刑される恐れのあったわけですから、元老院は歓迎します。

 しかし、この人事は兵士には不満でした。高年齢が嫌われたのもあるでしょうし、ネルウァには軍指揮官の経験が無かったことも不人気の理由の1つでしょう。翌97年の夏、カスペリウスが親衛隊長官となると、兵士を扇動してネルウァに対しドミティアヌス暗殺に携わった者たちの処刑を要求します。ネルウァは従わないわけにはいきませんでした。侍従パルテニウスと親衛隊長官ペトロニウス(カスペリウスの同僚)は兵士に引き渡され、処刑されました。

 足下の親衛隊が皇帝の首をすげ替えるというのは、あの不安定な4皇帝の年を彷彿とさせますね。ガルバがまさに親衛隊に見捨てられて滅んだような事態を。

 ガルバ同様に、ネルウァには実子がませんでした。そこで、軍にも睨みを効かせることができる人物を養子に迎えます。それこそが、ゲルマニア属州総督のトラヤヌスでした。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451811902

この記事へのトラックバック
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村