2017年04月21日

キリスト教の成立 イエスの青年時代3 イエスは洗礼者ヨハネの弟子と合流するため砂漠へ向かう

 ともかく、彼がイエスに洗礼を授けたということは、彼が導師でイエスは弟子という関係になります。それを嫌った人々は、なんだかんだと言い訳を付けて、実はイエスの方が格が上なのだとイエスもびっくりな主張をしていき、福音書に収められる頃には洗礼者ヨハネの役割はイエスの聖性を認めるものに格下げされてしまいます。

 このシーン、福音書によって温度差があり、マルコは洗礼者ヨハネにより洗礼を受けたとしますが、それより後に書かれたマタイでは、洗礼者ヨハネがイエスを尊い人物だと認めています。更に後に書かれたヨハネによる福音書では地位がますます下げられ、洗礼者ヨハネが自分こそイエスの洗礼を受けるべきだと事実と正反対のことになる始末です。後に書かれた記録のほうが詳しく書かれる場合、記憶違いやら怪しげな伝説やらが入り込んでくるので当てにならないことを考慮に入れるまでもなく、イエスが洗礼者ヨハネの教えを受けに来たとするのが妥当です。

 イエスには既に元漁師のシモン・ペトロとアンデレ兄弟は付き従っていたようです。彼らはイエスから人を漁る者となれと言われて従うようになったとされています。一方、ヨハネによれば、アンデレは先に洗礼者ヨハネの弟子だったそうです。こちらが正しいなら、イエスは兄弟からのルートで洗礼者ヨハネを知り、洗礼を授かった後には弟も兄と共にイエスに付き従うことになったということになるでしょう。後にシモンにはペトロ(岩)の仇名が与えられ、イエス亡き後には義人ヤコブに従い、ローマ宣教に向かって消息を絶つことになります。一説に彼は殉教したとされ、カトリックは彼を最初の法王として崇められています。

 少なくともこの時点では、イエスは洗礼者ヨハネの弟子に過ぎないのです。イエスの聖性を認めた云々の逸話は全て創作されたものです。イエスが洗礼を受けた後に荒野に向かったのはなぜでしょうか?洗礼者ヨハネは粗衣粗食に甘んじ、荒野で修行に励む人物でしたね。合理的に考えれば、イエスの行動は洗礼者ヨハネの仲間(弟子たち?)と合流するためでしょう。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教の成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村