2017年04月06日

キリスト教の成立 前史1 ディアドコイ戦争後、旧約聖書の姿が固まる

 西洋文明の4柱とはギリシア、ローマ、ユダヤ教、キリスト教と言われます。最後のキリスト教について眺めることにしましょう。ここでキリスト教を見ておくことは、後のローマ史についても理解が深まることと思います。

 イエスについて触れる前に、まず背景となる歴史をおさらいしましょう。少々繰り返しもありますが、お付き合い下さい。

 アレクサンドロスの死後、広大な領土は配下の部将たちによって分割されたことは既に述べた通りです。そのうち、中東に大きな影響を与えるのはエジプトに拠ったプトレマイオス朝と、シリアを支配したセレウコス朝が中心です。エルサレム周辺はまずプトレマイオス朝の領土となります。プトレマイオス朝エジプトは、占領地から多くのユダヤ人をエジプトの整備のために連れ帰りました。そのため、エジプトにユダヤ人のコミュニティができました。

 プトレマイオス朝エジプトと言えば、アレクサンドリアの大図書館の整備でも知られますね。70人訳聖書はこの時代にエジプトで書かれます。

 独立を失って辺境の弱小都市に落ちぶれてしまったイスラエルでは、ヘブライ語は若者に見捨てられ、就職に有利なギリシア語しか理解できない若者が増えていました。現代で言語が消滅していっているのと同じ構図です。そこで、元老たちは、言語はともかくとしてユダヤ教の伝統を若者に伝えるため、旧約聖書をギリシア語に翻訳したのです。

 モーゼ5書とも言われる律法(トーラー)もまた、この時代に完成されます。5書というのは、創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記のことです。これらはモーゼの書いたもので誤りは存在しないと唱える人も居るには居ますが、聖書研究から、先行する主に4種の文書からなることが分かっています。神をヤハウェと呼ぶもの(J)、エロヒムと呼ぶもの(E)、申命記法(D)、祭祀法典(P)の4種類です。

 さて、古代イスラエルの項で書きました通り、イスラエル周辺は通商の要地ですから、必然的に大国の角逐の舞台となります。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教の成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村