2016年05月21日

ローマ 共和制の成立3 身体不可侵権を付与された護民官と初の成文法

 護民官は権力から無力な民衆を守る存在でしたから、富裕層の標的になりかねません。そこで身体の不可侵権が与えられ、誰も手を出せないことになりました。元老院に対してすら拒否権を持ちます。但し、独裁官には拒否権を持ちませんでした。独裁官という国が危機的状況にある場合にのみ個人に絶大な権力を与えて意思決定に要する時間を削るという趣旨から考えると理に適っています。ローマの制度が考えぬかれて生み出されたものであることが分かります。

 成文法にも触れておきましょう。ローマは基本的に不文律からなる慣習法が運用されていました。特に古代、法律は執政官の恣意的な裁量に委ねられていましたから、貴族に有利な制度でした。前5世紀半ば、こうした不平等を是正するべく定められたのが、12条からなる成文法です。制定にあたっては執政官のアッピウスをはじめ、富裕層からなる10人委員会が組織されました。メンバーの中には3年間ギリシアへヘロンの法等を学びに行った者も居ました。まず10の条文からなる法案が作られ、民会で承認されます。

 一旦10人委員会は任期を終えて解散となり、次の委員会が結成されます。アッピウスはただ1人再選を目指し、新たにできた委員会によって更に2つの条文を加えて初の成文法が完成しました。こうして作られた12表法を紹介しておきましょう。

1:訴訟に関する定め 原告が被告を法廷に召喚したら、被告は出廷の義務を負う。出廷しない場合、原告は被告を強制的に出席させる。

2:証人が出廷しなければ、3日置きにその人の家の前で出廷を呼びかけることができる

3:借金の返済義務を宣告されたら30日以内に支払う。支払いが滞ったら力ずくで捕らえることができる

4:奇形の子供は殺すものとする、父が息子を3度売ったら親子関係は認められなくなる、その他遺言に関する定め。父の死後10ヶ月を過ぎてから生まれた子は相続権を認められない

5:女性は成人しても後見人の監督下に置かれる

6:財産の保証 動産の法的権利は所有後1年間、不動産は所有後2年間。夫に支配されたくない女性は毎年3日続けて留守にすれば良い

7:他人の農場の木が自分の土地に枝を伸ばした場合には法的措置が可能。一方、落ちた樹の実は木の所有者のもの

8:障害を与え、和解が成立しない場合には報復を受ける。夜間の窃盗犯殺害は無罪。日中は違法。武器で攻撃してきた場合はその限りではない。夜間の集会禁止

9:裁判官が賄賂を受け取っていた場合、処刑される

10:遺体を市内で埋葬ないし火葬してはならない

11:平民と貴族では結婚できない

12:国民の裁定は法的拘束力を有する


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ラベル:成文法 護民官
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村