2016年05月01日

アレキサンドリア図書館 今も昔も悪書が大半を占めた? 図書館の歴史とその実情

 最後に、色々と調べる中で『図書館の興亡』にこのような面白い文章があったので記録しておきましょう。

図書館の概要がわかると、結論はたちまち明らかになる。つまり、書物の大半は悪書であり、しかも実際にとんでもない悪書だということだ。さらに悪いのは、それが常態(ノーマル)であることだ。それらの書物はその時代の矛盾や混迷の域を出ていない(その点では本書も例外ではないと確信する)。


 この文章は現代の図書館について書かれたものですが、正直に言って、アレクサンドリアの大図書館も同じように下らない本は沢山あったでしょう。しかし、質で判断して図書館に入れるかどうかを考え始めると、これも大変なことになるのは間違いありません。そもそも、誰がその質を評定するのかも問題になります。

 例えばですが、天動説華やかなりし時代にあっては、地動説など無知蒙昧の輩の妄言として片付けられて、その書も保管されなかったに違いありません。

 ですから、質は兎も角として、量の確保は大切なのですね。

 しかし、利用者としては下らない本が山積する中からお目当ての本を探さなければならなくなるので、それも難しい問題です。

 上述の本は中国に関しては随分と怪しいことを書いています。例えば始皇帝をエイ政ではなく、趙政と書いてしまったり、雲夢県の睡虎地と呼ばれる場所から秦代に下級官吏だった喜という人物の墓から仕事で使っていたのであろう法律文書が出土した(これを雲夢睡虎地秦簡と呼びます)ものを学者のものとしています。あるいは始皇帝の死を農民反乱討伐の帰路としているのですが、実際は巡遊の帰りでした。

 なので、少々眉唾くらいで読むのが正しいと思いますが、図書館のあり方について考える糧にはなると思います。

 さあ、ヘレニズム、図書館を眺めましたので、いよいろローマ時代へ進むことにしましょう。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ラベル:図書館
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アレキサンドリア図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村