2015年12月15日

古代ギリシアの科学哲学 タレス1 自然界を理性で理解しようとしたタレスとそのエピソード

 神話から離れて、自然界を理性で理解する試みを始めたのはミレトスタレスと言われます。7賢人の1人と言われるタレスは、「万物の始原は水」としました。水が生命に欠かすことの出来ないものであったり、陸地が海に囲まれていることを考えたりすると、水を始原とするのも分からないではありません。

 ただ、岩や火が本当に自ら生まれるのかと言われると困ったことになりますね。そこで、後に続く人々は何種類かの要素を考えたり、ヘラクレイトスの「万物は流転する」との言葉に見られるように要素は別の要素に変化すると主張するようになりました。そうなるとひねくれ者が現れるのは世の常で、あらゆる変化を否定するパルメニデスのような人物も現れます。

 目に見える世界は基本的な幾つかの要素からなるという考え方は、徐々に知的な人々の間では広まっていきました。

 ただし、物を細分化していけば、いくつかの基本的な構成要素に分解可能であるという考えは何も彼1人が行ったわけではなく、インドでも同様の考えがあったことは既に見た通りです。また、タレスよりも後の時代にはなりますが、中国でも万物は木火土金水の5要素からなるとする五行思想が発達しました。科学的な思考の根本にある考えなのでしょう。

 古代ギリシアの人々が幾ら考えを巡らせても、その理論は実験による検証を欠いていましたから、現代的な意味合いでの科学には程遠いものではあります。例えば、タレスは「磁石は鉄を動かすことができるから霊魂を持っている」としていますが、これは思弁のみを優先させた結果ではないでしょうか。もっとも、彼らは精密な観察を可能にする道具や、客観性を担保する測定機器を持ちませんでしたから、思弁に留まったのは仕方がないと思われるかもしれません。それは一面の事実ではありますが、彼らが思弁を極端に重んじて観察を軽んじたという事実を考えると、贔屓の引き倒しだとも思えます。例えば、かの碩学アリストテレスでさえ、物が落下するスピードは重さに依存すると考えていました。少々実験すれば分かったはずのことです。

 タレスもまた時代による限界から逃れることは出来ませんでしたが、神のような超自然的な存在を排して自然を説明しようとした最初の試みを行ったことは讃えられて然るべきでしょう。タレスを指して最初の哲学者とするのも頷けます。

 一方で、彼は面白いエピソードにも事欠きません。

 若い時、タレスは母親から結婚しないのかと聞かれ、「まだ若すぎる」と答えました。年月が経ち、また母親がおなじ質問をすると、今度は「もう遅すぎる」と答えたそうです。

 プラトンが伝える話では、タレスは夜空の観察に夢中になりすぎて溝に落ちてしまい、老婆に「学者は天文のことは分かっても足元のことはわからないのね」と笑われたということです。

 ニュートンも、研究室に住み着いた2匹のネコのためにネコ用の大きなドアと小さなドアを作ったは良いけれども、両方のネコが同じドアを使うのを見て首を傾げたというおかしなエピソードを持っていますから、天才は周りが見えなくなってしまい、このようなことを起こすのかもしれません。

 折角ですからもう少しタレスの話を続けましょう。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代ギリシアの科学哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村