2020年09月01日

三国志 少帝廃立 董卓は少帝が暗愚であることを理由に廃立して劉協を立てようと諮るが、袁紹は反対する

 蔡邕は董卓によって中央に戻される前、流刑に処されていました。それでも有能な学者だった蔡邕は流刑地で後漢の制度史についてまとめています。では、なぜ蔡邕は最終的に董卓の招聘を受けたのでしょうか。また、招聘を受けた後はそれなりに董卓に協力的だったのでしょうか。『三国志―演義から正史、そして史実へ (中公新書) - 渡邉 義浩』は、「蔡邕は、自分を登用してくれた董卓のもとで、自らがまとめた漢のシステムを復興し、後漢末の混乱を収拾して、新しい世界を想像することを目指したのである」と指摘しています。

 彼は無批判に董卓に従ったわけではなく、董卓に協力しながらも反対すべき時には反対を貫きました。その姿をもう少し後に見ることになるでしょう。そして、蔡邕が董卓に協力した結果についても、また見ることになります。

 人事を固めた董卓は、「政治において最も重要なのは天地、次は君臣である。しかるに、皇帝は暗愚惰弱で、祖先の霊廟に仕え天下の主となることはできぬ。そこで、殷の伊尹や漢の大将軍霍光に倣って陳留王を立てようと思うがどうか」と少帝の廃立を諮問します。

 袁紹は「今上は春秋に富み(将来が期待できること)、天下に噂されるような不品行などありません。もし公が礼に違い、情に任せて嫡男を廃して庶出の皇子を立てれば衆議は揉めることでしょう」と主張しました。

 そもそも、董卓が少帝を廃立しようとするのは、宦官誅滅の際、年長である少帝よりも陳留王劉協の方がしっかり受け答えをしたことから、劉協の方が有能だと判断してのことだとも伝えられます。この話は『三国志董卓伝』に引く『献帝紀』に見えるものですが、『献帝紀』はその性質上献帝について悪く書くはずがありませんし、そもそも年長者を排除して年少者を立てるのは傀儡に都合が良いからに他なりません。その意図は邪なものに他ならず、袁紹の言葉はもっともでしょう。


三国志―演義から正史、そして史実へ (中公新書) - 渡邉 義浩
三国志―演義から正史、そして史実へ (中公新書) - 渡邉 義浩

正史 三国志〈1〉魏書 1 (ちくま学芸文庫) - 陳 寿, 裴 松之, 今鷹 真, 井波 律子
正史 三国志〈1〉魏書 1 (ちくま学芸文庫) - 陳 寿, 裴 松之, 今鷹 真, 井波 律子



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村