2020年05月11日

後漢 学問の発展 地味ではあるが意外と学問の発展した後漢時代 当時の漢字を解説する『説文解字』のおかげで甲骨文字も解読できる

 ケ一族を滅ぼすと、続いてケ綏に可愛がられた平原王劉翼もまた、都卿侯に落とされます。劉翼は河間に帰ると、客の訪問も拒絶して家に籠もったため、それ以上の迫害は受けずにすみました。

 ただ、ケ一族への迫害は長くは続きませんでした。ケ綏やケ隲を擁護する声が大きくなり、生き残ったケ一族の人びとは再び首都に戻ることが許されました。三国時代に活躍するケ芝はこの一族の出なので、もし許されなかったら歴史はまた違っていたことでしょう。

 この頃から、各地で農民反乱が起こるようになり、また皇帝や王を僭称する者が現れはじめます。

 社会の混乱が表立って現れ始めたのです。

 一方で、この頃までに人口は増え、国内での大混乱が無かったことから、学問的には発展を遂げます。

 121年には漢字の字体と原義を解釈した『説文解字』が献上されます。当時知られていた15000余りの漢字を6つの法則、即ち象形、指事、会意、形声、転注、仮借に分類したもので、現代日本でも使われる分類ですよね。その後、使われる漢字の数は大きく減っていますから、殷代の甲骨文を解読できるのはこのお陰です。この労作を成し遂げたのは当時儒学者、文学者として知られた許慎で、その子の許冲によって献上されました。

 後漢時代は一番有名なのが後漢末の混乱、次が建国時、他はせいぜい班超くらいだと思うのですが、実は意外と学問の発展した時代です。『教養の中国史 - 津田資久, 井ノ口哲也』はこう記します。

後漢時代は、蔡倫による紙の改良に代表される製紙技術をはじめ、製鉄技術・紡績機械・造船技術・土木建設技術等の初生産技術が高水準に到達し、天文学(三統暦の完成、渾天儀による観測法)・数学(『九章算術』)・医学薬学(『黄帝内経』・『傷寒雑病論』・『神農本草』)・農学(『氾勝之書』『四民月令』)・地理学(『漢書』地理志)が基本体系を確立した時期であった。


教養の中国史 - 津田資久, 井ノ口哲也
教養の中国史 - 津田資久, 井ノ口哲也


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村