2020年04月21日

後漢 班超の孤軍奮闘 撤退命令に従って班超が帰国しようとすると絶望した疏勒枉は自害、于闐の人びとは縋り付いて留まるように求める

 亀茲と姑墨はしばしば班超を攻撃します。しかし、班超は味方はわずかながらも城に立て籠もって攻撃を防ぎ続けました。章帝は班超が孤立無援で危険な状態にあることから、詔を下して班超に引き上げることを命じます。

 班超が疏勒を去ると、疏勒王は「漢の使いは私を見棄てた。これでは亀茲に滅ぼされるだけだ。使いが去るのを見届けるに忍びない」と言って自刃し、疏勒の2城は班超が去ると、亀茲に降伏しました。

 そして、班超が于闐に至ると、王侯以下が皆号泣しながら、「漢の使いにすがること、子が父母に対してするのと同じようなものです。どうか去らないでください」と泣きつきます。後漢書班梁列伝には「互いに超の馬の脚を抱き、行(すす)むことを得ず」(『後漢書〈第6冊〉列伝(4) 巻三十二〜巻四十三 - 范 曄, 吉川 忠夫』)とありますので、文字通りすがりついたようです。

 命令通りに帰国しようとすることを于闐が許さないように見えたこと、また、西域で功績を打ち立てるという班超自身の以前からの夢を叶えるため、班超は再び西へ向かいました。そして、亀茲に降った疏勒の城を攻撃し、疏勒を再び後漢の勢力に引き戻したのでした。


 78年、班超は疏勒、康居、于闐、拘弥(こうび)の兵1万を率いて姑墨石城を攻略し、首級700を得ます。亀茲を下す機会が訪れたと判断した班超は、上訴して増援を請いました。平陵出身の徐幹はかねてから班超と同じく西域での武勲を望んでいたため、上訴して自分が班超の助けになりたいと願います。章帝は上訴を認め、兵を送ることを決めたのですが、実際に西域に増援されるのはまだ先のことになります。

 同年、竇勲の娘が皇后に冊立されます。これが竇皇后です。

 竇勲は獄死していたため、その子の竇憲や竇皇后は幼い頃から親不在で育ちました。それは出世のためのコネもないということで、竇憲は妹の故に郎に取り立てられています。その後、竇憲は侍中と宿営の兵士を司る虎賁中郎将へ出世し、弟の竇篤もまた黄門侍郎となります。寵愛は非常に厚く、賜り物は累積して、外戚一族として力を持っていた陰一族、馬一族も竇一族をはばかるようになりました。


後漢書〈第6冊〉列伝(4) 巻三十二〜巻四十三 - 范 曄, 吉川 忠夫
後漢書〈第6冊〉列伝(4) 巻三十二〜巻四十三 - 范 曄, 吉川 忠夫


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村