2020年04月16日

後漢 班超登場 竇固が西域へ出撃した際に、部下の班超を西方へ送り込む 班超の出自について

 パミール高原の更に西方には、前漢時代に大宛(李広利が汗血馬を求めた国でした)や大月氏、安息などの国がありました。このうち、大月氏の5つの翕族の1つの貴霜翕侯が大月氏国を統一しただけではなく、安息などを服属させて貴霜国となっていました。これが、中国の西域からインド北部にまで至るイラン系の大国、クシャーナ朝です。後漢では引き続き大月氏国と呼び続けていました。

 長々と述べてきましたが、西域諸国は匈奴、莎車などのその時の強国に従っていた、と理解すれば良いでしょう。

 中国の支配を離れて久しい西方に、竇固は部下の班超を送り込みます。

 班超が出てきたところで、彼の一族について見ておきましょう。

 班一族は扶風出身で、班超の父は班彪といい、このブログでは北匈奴が和親を求めて使者を送ってきた際に、南匈奴との関係から和親はせず絹帛を贈って懐柔するべしと進言し、取り上げられたことを紹介しています。

 班彪の祖父の班況は班況は成帝の時代に越騎校尉、父の班稚は哀帝の時代に広平の太守となっています。 班彪は落ち着いた性格で古典を好みました。新末の動乱では、難を避けて隗囂の下へ身を寄せていいます。隗囂は班彪に、「先生、幾つもの国が並び立つか、あるいは1つの国にまとまるか、論じてみてください」と言われ、「今各地で王を名乗っている者はいずれも戦国時代の王の末裔ではなく、多くが劉氏を名乗っていて民は漢の徳を慕っていますから、推して知るべしでしょう」と漢復興を主張します。論拠は随分怪しいように思います。隗囂は「周と漢はぜんぜん違う。秦が天下を失って劉邦がこれを得たわけですが、当時の人は誰も漢など知りませんでしたぞ」と反論します。

 至極もっともですね。班彪はこの返事を憎み、『王命論』を著して漢は堯を受けているのだと主張しました。遂に隗囂に見切りをつけ竇融に従い、その縁で劉秀に仕えました。劉秀は竇融のところからあがってくる上奏文が見事だったことから、「上奏は誰と作成しているのか」と問い、竇融が素直に「班彪です」と応えたところから、班彪は劉秀の目に止まります。そして茂才に挙げられて徐の令となりましたが、病気に罹って引退し、歴史書を書き始めました。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村