2020年04月11日

後漢 恤民政策の継続 明帝は光武帝の恤民政策を継続、絹(罰金)を払うことで罪を贖い、定住することを許す 廃太子劉彊の死

 少々先走りしましたね。明帝の即位直後に戻りましょう。

 明帝は即位すると、逃亡者で斬首以下の刑の者に対して絹を収めることで罪を帳消しにする、との詔を出します。同時に官吏選抜の不正や弱い者にばかり厳しい刑罰を課すことを非難していますので、明帝は父光武帝の恤民路線を引き継いだことがわかりますね。

 即位翌年の58年、光武帝と郭氏の間の長男で、郭氏が皇太后を廃された後に自ら願い出て太子を降りた劉彊が死去します。

 劉秀は劉彊を東海王に封じて広大な土地を与え、特別扱いしていました。劉彊はそれすら返上を願い出ています。その願いは父により却下され、壮麗な宮殿に暮らしました。その後も封禅の儀に同行することに見られるように、父から目をかけられていました。

 ところが、父が死ぬとその後を追うように病に冒され、明帝が医師を派遣したのも虚しく世を去ったのでした。享年34という若すぎる人生でした。

 明帝は劉彊に恭王の諡を送り、特別の礼で葬りました。なお、東海王の地位は子孫代々受け継がれ、後漢末の劉虞まで受け継がれることになります。

 皇帝が立てば、皇后も冊立されます。明帝が選んだのは、功臣馬援の娘でした。年ははっきりせず、永平年間(58〜75年)の初め頃とされていますが、恐らくは即位して間もないころのことでしょう。

64年には母の陰皇太后を世を去ります。明帝は母に光烈皇后の諱を贈り、葬りました。光烈という諱は、もちろん光武帝の諱に従ったものです。

 同年、北匈奴は和親を求めたのですが、後漢の側は引き続き匈奴への警戒は緩めず、逆に范友明を度遼将軍に任命して五原に駐屯させます。そして、各封国へ、死刑囚の罪を1等減じ、度遼将軍の軍営へ送るように命じます。妻子が同行を望むのであれば、戸籍を移すことも認めました。ただし、死刑囚の中でも大逆に当たる者は宮刑とされています。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村