2020年04月01日

後漢 反乱相次ぐ ベトナムの反乱鎮圧へ伏波将軍馬援が派遣される 蜀ではかつて岑彭の部下だった史歆が背く

 反乱を鎮圧したばかりの馬援でしたが、劉秀は彼を伏波将軍とし、副将に劉隆を充て、楼船将軍段志らを率いさせて交阯の徴姉妹に向けて遠征させます。

 伏波将軍は雑号将軍で、車騎将軍や驃騎将軍のような高い将軍位というわけではありません。過去にも伏波将軍号が使われたことはありますが、もっぱらこの馬援で知られています。

 42年2月、蜀で史歆が背きます。その反乱の原因となったのは、呉漢が公孫述を滅ぼした際に成都で兵士たちが暴れたため、万を数える人々が殺されたという暴虐です。蜀の人々はその恨みを忘れていませんでした。

 史歆はかつて岑彭の下にいて才能を見いだされた人物です。詳細は分かりませんが、恐らくは岑彭に従って蜀遠征に赴き、岑彭が暗殺に斃れた後は呉漢または臧宮の指揮下に置かれて成都攻略に参加したと思われます。想像をたくましくすれば、史?は呉漢の下に置かれ、成都攻略後に呉漢の軍が乱暴狼藉を働くのを見て、反感を抱いたのではないでしょうか。

 反乱に対して、再び呉漢が派遣されます。その指揮下には、武威将軍劉尚、太中大夫臧宮が付けられました。

 馬援の遠征はまだ続いていましたから、後漢は蜀と交阯での二正面作戦を行っていることになります。それだけ、漢の国力は両勢力と比べて圧倒的だったのです。

 遠征と並行して、人心掌握も進めます。4月には辺境では穀物50斛(1斛は30kg強)を盗んだら死刑になることから、酷吏が多くの死刑を科す理由になっているとして、この法律を廃止させ、内地に合わせるように指示しました。思うに、地方で反乱が起こったことに対して、討伐の軍を送るという鞭だけでは押さえられないと思っていたのでしょう。

 7月、呉漢は成都を陥落させ、史?を斬ります。また、戦後処理として反乱に参加した主要な者200名余りが処刑されましたが、それ以外の者は荊州への流罪で済まされています。

 一方、馬援は同年春に交阯にたどり着きます。前漢の項で記した通り、南越は山岳地帯に谷が複雑に入り組んだ土地で、大軍を動かすのはさぞ苦労があったことかと思われます。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村