2020年03月22日

後漢 雲台28将1 光武帝劉秀の天下統一を助けた28将 その1 ケ禹、呉漢、賈復、耿弇、寇恂、岑彭、馮異

序列名前特記事項
1ケ禹太傅、高密侯。南陽出身で長安遊学中に劉秀と知り合い、河北遠征に出た劉秀を追った。各地を転戦、新末の混乱する関中へ入るなど、常に劉秀の力であり続けた。
2呉漢大司馬、広平侯。南陽出身。常に冷静沈着、朝廷では謹厳に仕えた。河北遠征中に王朗は偽物で皆劉秀に付いていると嘘を吹聴し、空気を変えることに成功する。漁陽太守から派遣され、劉秀配下に。初期から各地で奮戦。秦豊や公孫述討伐などで活躍。南陽や蜀で部下が占領地で殺人や略奪を行い、反乱の芽を撒いてもいる。
3賈復左将軍、膠東侯。南陽出身。劉秀の河北転戦の際に、劉嘉から劉秀の下へ。王朗討伐や、呉漢の軍が南陽で略奪したことに怒って背いたケ秦討伐などで活躍。左将軍に上ったが、左右将軍の廃止に伴い辞任。
4耿弇建威大将軍、好畤侯。扶風県出身。王朗が背いた際に劉秀の下を訪れ、父や漁陽太守の彭寵を動かして劉秀の窮地を救った。斉の平定など、46の軍を破り、城を屠ること300、挫折なしと史書は記す。
5寇恂執金吾、雍奴侯。上谷の名家出身。耿弇の父耿況に仕え、劉秀に付くことを主張。耿弇と共に劉秀に仕え、河北からの補給物資を送って全軍を支えた。朱鮪らが洛陽を攻めた際には馮異と共に破る活躍も見せる。統一前に死去。
6岑彭征南大将軍、舞陽侯。南陽出身。新の役人として、上司が戦死した後の宛を守り、陥落後は劉縯に命を救われる。劉縯誅殺後は劉玄に仕えるが、潁川太守として任地に赴く際に劉秀につく。河北や南陽で多くの戦果を上げるが、公孫述を撃つ途中で暗殺され、統一目前で死去。
7馮異征西大将軍、陽夏侯。潁川出身。読書を好み、春秋をよく読んだ。劉秀の潁川攻略時に捕虜となり、劉秀と面会して彼に降ることを決める。河北転戦では劉秀を支え続けた。功を争うことはなく、同僚からの信望も厚かった。洛陽の朱鮪攻撃、赤眉の跋扈する長安への派遣など各地で活躍。隗囂の子の隗純を攻撃する途中で病没。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村