2020年03月16日

後漢 隗囂の死 漢軍が匈奴と結んだ盧芳と戦っている間に隗囂は困窮のうちに死に、後を継いだ隗純は翌34年に攻撃を受け降伏する

 年が明けて33年、劉秀は隗囂方面はある程度緊急性が去ったと判断したのか、隗囂を棚上げして盧芳攻撃に向かいます。

 盧芳は安定の人で、新に人々が劉氏を慕うところを見て、自らを武帝の曾孫の劉文伯であると自称します。巫蠱の乱で死んだ衛太子の弟が北西に逃れてひっそりと結婚していた、と主張したのです。劉氏ブランドはかなりの力を持ったようで、新末期には羌や匈奴の軍も引き入れて西方に地歩を占めました。更始帝劉玄は長安に入ると、盧芳を騎都尉に任じて安定以西を鎮撫させています。

 劉玄が滅ぶと、匈奴は「匈奴は漢と兄弟と約束した」と言って、数千騎を派遣して盧芳を迎え入れて漢の皇帝としました。なんてことはない、神輿や傀儡にしようというのですね。ただ、盧芳が匈奴と結んでいることから分かるように、北方の辺境から長安を窺っているに過ぎませんから、劉秀にとっては喫緊の課題ではありません。

 呉漢や杜戊らは盧芳を攻撃しましたが、勝てませんでした。

 そうこうしているうちに、隗囂の側で事態が大きく動きます。隗囂が病死し、子の純が即位したのです。隗囂の末年は、病んだことに加えて飢えにも苦しみ、大豆混じりの米や乾飯で飢えを凌いだという大変なものでした。

 34年、劉秀は来歙、耿弇、蓋延らを送って隗純を攻撃させます。これを受けて、公孫述は隗純を助けようと援軍を送りこみますが、この軍は馮異に敗れます。隗純の軍は隗囂の死で動揺していたこともあり、一戦して敗れ、降伏しました。こうして隴西もまた漢に飲み込まれたのでした。盧芳が辺境にとどまっていることを考えれば、事実上天下統一に残っているのは蜀のみということになります。

 35年、馬援は隴西太守に任じられます。涼州方面では何度も盧芳と結んだ匈奴が侵入しており、来歙が主将、馬援が副将として何度も匈奴を防いでいました。こうした経緯もあり、来歙は馬援でなければこれを防ぐことはできないと奏上、認められたのです。

 馬援は歩兵、騎兵合わせて3000を率い、臨洮(りんとう)で先零羌を破って数百の首を得、ウマ、ヒツジ、ウシなど1万余りを得ます。これはかなりの大勝だったようで、塞を守る羌族が8000人余りも降伏してきたそうです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村