2020年03月11日

後漢 竇融の帰順 隴西の隗囂に見切りをつけた竇融、劉秀に帰順することを申し出る

 劉秀は隗囂と公孫述は自分に服しないことを知りましたが、長く兵乱が続いてきたなかで、両者は共に辺境に拠って漢を左右する力はないと判断し、両名の討伐を考えないとしました。

 事態を変えたのは、不幸な出来事の積み重なりでした。隗囂が劉秀へ送った使者の周游が馮異の陣に至った時、仇敵に殺されてしまったのです。劉秀は詫びとして衛尉の銚期を遣わして珍宝を贈ろうとしたのですが、その途中に鄭で宝物が盗まれてしまいます。

 劉秀は「私は隗囂とはうまくいかないようになっているのだろう。使いが来ては殺され、贈り物をしようとすれば途中で失われる」と嘆きました。その嘆きが正しかったことは、すぐに証明されます。

 5月、河西の竇融なる者が、劉秀に書簡を送って帰順を申し出ます。竇融の一族については後にも触れることになりますので、ここで竇融を紹介しておきましょう。

 竇融は、その7代先祖の姉が宣帝の后に遡る出自で、代々扶風に住んできました。竇融は早くに父を亡くした苦労人で、漢を簒奪した新に出仕して反乱を起こした?義を伐って建武侯に封じられ、妹は大司空の王邑の小妻(正妻ではない妻)となるなど地歩を固めていきます。王莽一族と親しいながら遊侠とも付き合い、しかも家では年長者に仕え弟を養うなど、清濁併せ呑む性格でした。

 新末の動乱に際しては太師王匡の指揮下で反乱鎮圧に向かい、昆陽で劉秀相手に敗北して長安に戻っています。王莽が滅ぶと、更始帝劉玄の将趙萌に降っていました。

 竇融は趙萌の推薦もあって鉅鹿の太守に任じられますが、東方がまだ落ち着いていないことから関中に留まることを望みます。関中から東に出ず、かつ安全を図れるのはどこでしょうか。幸い、竇融にはそれを考えるだけの十分な情報がありました。即ち、かつて彼の高祖父は張掖太守に、父のいとこは護羌校尉に、いとこは武威太守となるなど、河西のことをよく知っていたのです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村