2020年03月06日

後漢 岑彭の南征 荊州(楚)で自立した秦豊に対し、劉秀は兄劉縯に命を救われたことから劉秀に従うことになった岑彭を送る

 南方に目を転じましょう。26年の7月には征南大将軍岑彭が楚を攻撃します。

 岑彭は劉縯が宛を攻めた際、防御側として勇戦して城を守り続けましたが、食料が尽きて遂に降った人物でしたね。誅殺を唱える者もいましたが、劉縯により許されていたのでした。劉縯が誅殺された後は朱鮪の下に付けられて功績をあげています。劉玄からは潁川の太守に任じられ、任地に赴こうとしたのですが、劉秀が周辺一帯を押さえた際に降っています。その際、「自分は大司徒劉縯に命を助けられましたが、恩を報いることができないまま大司徒は禍難に遭われ、心残りに思っておりました。簫王とこうしてお会いしたからには、一身をもってお仕え致します」と言い、河北平定などに従ってきました。劉秀は即位すると、岑彭を廷尉に任じ、大将軍を兼ねさせています。

 これより前、洛陽を守っていた朱鮪を降伏させる際、朱鮪は劉玄に劉縯誅殺を勧めたこともあって降伏をためらっていたのですが、岑彭は交渉中に単騎乗り込むことで朱鮪を信用させ、降伏を承諾させるという功績も挙げていました。

 この岑彭が討伐に向かった楚では、秦豊が独立して天子を称していました。この秦豊は若くして長安に留学し、律令を学んで県の吏となっていたのが、天下が乱れると宜城や新野などを得て万をもって数える軍を揃えていました。しかし、戦いなれていなかったのか、岑彭は10余城を落として秦豊の戦力を大きく削ぐことに成功します。

 劉秀は更に呉漢を南方へ派遣します。

 呉漢は南陽の貧しい家の出身で、県に勤めて亭長となっていました。ところが、賓客が法律を犯したことから逃亡し、漁陽に入っていました。その地でウマを販売して資金を貯め、商売の中で燕や薊を巡って人脈を広げていました。天下が乱れると、この時の縁で出仕していました。呉漢は劉秀についての情報を得て、優れた人物だと判断、魚陽の太守彭寵に偽の檄文まで作って劉秀の下へ赴きました。

 彼は純朴で、当意即妙とは遠かったのですが、劉秀からも周囲の者からも信用され、河北転戦の際には各地で活躍しています。楚へ派遣される直前には東方の賊を撃ち、勝利をあげて10余万の兵を降伏させています。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村