2020年03月01日

後漢 赤眉の乱の終了 赤眉は東に逃れようとするがケ禹に代わった馮異に敗北、敗走するが劉秀が待ち構えていたことから降伏する

 収まらないのは李宝の部下です。李宝の弟は旧部下と共に蜂起、ケ禹の将である耿?を襲って殺してしまいました。

 悪いことは重なるもので、赤眉が長安に戻って来たためにこれを迎え撃ったケ禹でしたが、部下の離反に食糧不足も重なり、敗北を喫しました。

 劉秀はケ禹が連敗したことから、ケ禹に「固く守り、困窮した賊と軽々しく戦うこと慎むように。賊は疲弊し、必ず手を束ねることになるだろう。満たされた者が飢えた者を待ち、十分に休憩しておいて疲れた相手を撃てばよい」と諭しています。

 河北の銅馬集団を攻撃する際、劉秀自身が採った作戦ですね。

 それでも征西がうまく進まないことから、劉秀はケ禹を馮異と交代させることにします。

 馮異は王莽の下で潁川郡の掾(事務処理を行う曹の長官)となっており、劉秀が潁川を攻略した際に降っています。劉縯が誅殺されて劉秀が一度宛に戻った際、馮異は劉秀に帰順することを約束しました。劉秀軍が略奪を行わなかったことから、彼を非凡な人物であると認めたためです。

 その後、何度か馮異の守る城が攻撃された事がありましたが、馮異は固く守り、劉秀が再びやってきた際に開城して約束通り帰順していました。劉秀の河北征討の際にも付き従い、劉秀を助けていました。

 馮異が西に向かう途上で、東へ引き返してきたケ禹と遭遇します。ケ禹は失態を挽回しようと攻撃を主張し、劉秀の本体を待つべきだと主張する馮異を押し切って赤眉を攻撃しました。しかし、今回もまた、馮異とケ禹の軍は赤眉に大敗を喫し、ケ禹はわずか24騎で逃げる有様でした。

 ケ禹は敗戦を恥じ、大司徒と封じられていた梁侯の印綬を返却しました。ただ、劉秀は数カ月後にケ禹を右将軍に任じ、引き続き信任し続けました。
 
 一方、馮異は関中に残ります。そして敗残兵を集め、募兵で得た新戦力と共に赤眉を攻撃、これを破りました。27年4月のことです。

 赤眉はこの後東方に逃れようとするのですが、そこには後詰めとして自ら出陣していた劉秀の軍が立ち塞がっていました。困窮した赤眉は劉秀に降伏、長きに渡った赤眉の乱は終わりました。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 後漢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村