2020年01月16日

新 禅定 翟義の反乱を鎮圧した王莽は、次から次へと奇跡をでっち上げて帝位を奪う 中国初の禅定劇がここに成立

 同年12月、王邑、孫建らは反乱軍を破り、反乱を主導した翟義は磔にされ(生きたままだったのか、自殺後の死体だったのか、どちらとも解釈できる状況です)、劉信は軍を捨てて逃亡しました。王邑らの遠征軍はとって返して王級らと合流、趙明らの反乱軍を攻撃します。こちらもほどなくして鎮圧されました。

 なお、王邑は首謀者全員を生け捕りにすることができなかったことで、王莽から厳しい叱責を受けます。これが後になって新に暗い影を落とすことになります。

 反乱が短期間で片付くと、いよいよ王莽は最大の野望を叶えるべく、動き出します。

 斉の都の臨淄で亭長の辛当なる者が、天公の使いを名乗る老人が夢に現れ、「漢の火徳が衰えたので、安漢公が天子となるべし。この亭に新しくできている井戸がその証である」と告げ、事実翌朝には井戸ができていた、といったような吉兆とやらをでっちあげます。

 讖緯説が信じられていた当時にあって、阿諛追従の徒が行った露骨な迎合も、天が示した意思と考えられます。

 更に簒奪に決定的だったのは、哀章なる者が高祖廟に捧げた2つの銅匱です。1つは「天帝行璽、金匱図」、もう1つには「赤帝行匱、邦、皇帝の金策書を伝え予う」と表記されていました。これを金匱策書と呼び、前者は天帝が、後者は漢を興した劉邦が王莽に与えた符命であることを意味します。

 さらに、その匱の中には「王莽、真天子と為れ」と記されていました。王莽の天下で大臣となるべき者の名や哀章らの名前が官爵付きで記されていたそうなので、幾らなんでも露骨だなあと思ってしまいます。

 こうして着々と準備を整えた最終段階が、禅譲劇です。

 後8年、王莽は皇帝即位の儀式を執り行います。王莽は劉嬰の手を取って涙を流しながら「いま予は独人、天の命に迫られ、そのとおりにしなければなりません」と言うと、劉嬰を殿上から下ろして北面させ、臣と称させました。

 ワニの涙は空涙と言われますが、そのワニですら歯が浮くよう白々しいセリフですね。

 こうして、神話時代の堯から舜への禅譲を除けば、中国史上で始めて放伐ではなく禅譲によって王朝が変わったのでした。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村