2020年01月06日

ミイラ 参考文献 もっと知りたくなった方のためのブックガイド

 今回、ミイラについて調べるのに用いた参考文献についてご紹介致します。


 各地のミイラについて、ざっと知りたいという方に向いているのが、『教養としてのミイラ図鑑』です。各地の様々なミイラを美しい写真と共に紹介してくれておりますので、ミイラ展に行く前に目を通したい!という方にはまずこちらがお勧めです。

 『「知」のビジュアル百科 ミイラ事典』はエジプト中心ではありますが、他の地域のミイラについても触れられています。

 恐らく最も有名であろうエジプトのミイラについては、ミイラ化のみならず死に対する古代エジプト人の思想から埋葬まで広く扱っている『死の考古学』、死から埋葬までの流れや儀式を扱っている『古代エジプトの埋葬習慣』が参考になりました。特にファラオについての埋葬は『ファラオの生活文化図鑑』が参考になりました。

 寒冷地のミイラに関しては、アルプスでミイラとなって発見された5000年前に矢傷を負って亡くなった男性についての記録、『5000年前の男』が参考になりました。この本は、他にも古代人がどのような生活を送っていたかを教えてくれることが多いので、考古学に興味のある方には強くお勧めできます。

 南アメリカのミイラについては、『インカに眠る氷の少女』が特筆すべき本です。まだ幼い子どもたちが生贄にされたことを考えると重い気持ちにはなりますが、インカ帝国の生活や文化を伝えてくれている良書です。

 泥炭地におけるミイラについては、前述の『教養としてのミイラ図鑑』が詳しいのですが、どのような人々がミイラ文化を担っていたかについては『原始ゲルマン民族の謎―「最初のドイツ人」の生と闘い』が勉強になりました。

 日本のミイラについてはこのブログで紹介したことは『日本・中国ミイラ信仰の研究』にその多くを負っております。日本のミイラについては即身成仏と紛い物の人魚や鬼のミイラくらいしか知らなかった私に、それだけではない多様なものがあったと教えてくれました。出会えたことに感謝しています。

 他にもいろいろな本があるようですので、興味をお持ちになった方はぜひ読んでみてください。もしこのブログが、皆様の知的好奇心を少しでも刺激できたのなら、とても嬉しく思います。


教養としてのミイラ図鑑: 世界一奇妙な「永遠の命」
教養としてのミイラ図鑑: 世界一奇妙な「永遠の命」

ミイラ事典 (「知」のビジュアル百科)
ミイラ事典 (「知」のビジュアル百科)

死の考古学―古代エジプトの神と墓
死の考古学―古代エジプトの神と墓

(031)古代エジプトの埋葬習慣 (ポプラ新書)
(031)古代エジプトの埋葬習慣 (ポプラ新書)

ファラオの生活文化図鑑
ファラオの生活文化図鑑

5000年前の男―解明された凍結ミイラの謎
5000年前の男―解明された凍結ミイラの謎

インカに眠る氷の少女
インカに眠る氷の少女

原始ゲルマン民族の謎―「最初のドイツ人」の生と闘い (アリアドネ古代史スペクタクル)
原始ゲルマン民族の謎―「最初のドイツ人」の生と闘い (アリアドネ古代史スペクタクル)

日本・中国ミイラ信仰の研究
日本・中国ミイラ信仰の研究


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | ミイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村