2020年01月01日

ミイラ 日本のミイラ7 義経を匿ったことで源頼朝に滅ぼされた奥州藤原氏3代の遺体はミイラとして現代に残る

 人工ミイラの一部は数年に渡って木食行を続け漆を飲んで、ミイラとなる準備を重ねてきたものですが、そうではない事例もあります。例えば現存する鉄竜海上人のミイラを調べたところ、内臓や脳は取り去られ、石灰が詰められていたことが判明しました。

 こうした事例を取り上げた後、『日本・中国ミイラ信仰の研究』はこう記します。

日本の入定ミイラの発生は、平安末、浄土信仰が盛行して、真言密教の即身成仏の思想と合体、ここに真言浄土信仰が出現したことによる。つまり浄土信仰により、死は極楽の入口となり、生けるが如き遺体が尊重され、さらに即身成仏の実証として、ミイラが作られて礼拝された。その事例が高野山の琳賢である。そしてさらにそれが弥勒信仰と合して、弘法大師の入定説話を誕生させ、結縁という日本社会特有の心理現象の波にのって、高野山は日本の墓地として発展した。


 僧侶以外でミイラが残ることで有名なのが、奥州藤原氏です。源平合戦が終結した後、源義経は独断専行や官位を勝手に受けたことを兄の源頼朝に疎まれ、追討されます。この義経を匿ったのが、奥州平泉に勢力を築いていた藤原氏です。源頼朝は義経を許さずに圧迫を加えたため、藤原氏は義経を自刃させます。

 しかし、奥州に独立勢力が残ることを嫌った頼朝は、義経を匿い続けたことを理由に奥州へ出兵、藤原氏は滅ぼされました。

 この奥州藤原氏の藤原清衡、基衡、秀衡3代の遺体と、泰衡の首がミイラ化して残っています。

 天然説と加工説があるとのことですが、たまたま3代に渡ってミイラができたという偶然は考えにくいように思われますし、遺体には内臓が無いということからも、加工説が正しいのではないでしょうか。

 ただ、人工ミイラ化どうかすら決着がついていない状況ですし、人工ミイラであったとしてもミイラ化の方法などは判然としていないのが残念です。

日本・中国ミイラ信仰の研究
日本・中国ミイラ信仰の研究



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:08| Comment(0) | ミイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村