2019年09月21日

漢武帝 均輸法 前115年、物資の質の確保と輸送費削減を目的に、均輸法が制定される 

 ややこしいことに、どうせだからと武帝即位に遡って元号が設定されました。即位した前140年から前135年が建元、前134年から前129年が元光、前128年から前123年が元朔と続きます。よほど「元」に思い入れがあったのでしょうね。

 元号の発明さえ無ければ、現代の日本で年齢の計算がややこしいという、大変に非合理的なものが使われることは無かっただろうにと思うと、少々残念な出来事だったように思います。

 同じく前116年、張湯が自殺に追い込まれます。張湯は五銖銭鋳造や塩鉄専売に力を注いだ実務官僚で、法律を厳しく適用する酷吏として当代を代表する人物です。武帝の信任も厚く、張湯が謁見して武帝と語り合うと、武帝は飲食すら忘れるほどでした。張湯が病にかかると、武帝は自ら見舞った、と伝えられます。

 一方で、張湯に取り締まられた側は恨みを忘れず、張湯を訴えていました。致命傷となったのは、趙王や丞相荘青翟らに訴えられたことです。張湯は訴えを認めませんでしたが、親交のある趙禹に勧められ、「朱買臣らに陥れられた」と遺書を残して自害しました。

 張湯は法律を厳しく適用し、違反があれば王族であろうとも容赦なく取り締まりましたが、私腹を肥やすことには関心が無かったようで、死後に残されたのはただ下賜された金500斤があるだけでした。

 遺された息子たちは張湯を厚く葬ろうとしましたが、母親は「湯は大臣となりながら悪評を得て死んだのですから、厚く葬ってはなりません」と反対しました。それを知った武帝は、「この母でなければ、あの子は生まれまい」と讃えたそうです。後に、張湯の疑惑は調べ直され、張湯を訴えた丞相長吏の朱買臣らは誅殺され、丞相の荘青翟は下獄して自害しました。

 2002年、薄葬された小さな墓から、「張湯 張君信印」、「張湯 臣湯」の印が発見されました。史記の記す通り、張湯は薄葬されたのでした。

 前115年、均輸法が制定されます。これは、この年に大農の副官(丞)となった桑弘羊の献策によるものです。『秦漢帝国 (講談社学術文庫)』によれば、その中身は以下のようなものだったようです。

これまで政府が必要とする地方の産物は、商人によって買い集められ、その代金は、郡国の租税の一部によって支払われていた。しかしその物品を中央に送る方法が煩雑で、輸送費もかさみ、また、物品そのものも粗悪であった。そこで政府は地方に均輸官を設置して、以後、この均輸官に物品の購入と中央への輸送を担当させる、ということである。


 きっと、商人は集めたもののうち、質の悪いものを中央に送り、しかも流通が煩雑であることを利用してより多くの輸送費を得られるようにしていたのでしょうね。政府から見れば、支出は減り、納品の質は上がり、しかも物流の把握は容易になるわけですから、願ったり叶ったりです。商人にはたまったものではなかったことでしょうが。

 前113年、淫楽に耽ったことを紹介済みの中山靖王劉勝が死去します。その爵位は嫡子の劉昌が継ぎました。この劉勝の墓が、1968年に発見されています。その遺体は玉を金糸でつなぎ合わせて全身を覆われていました。これを金縷玉衣と言い、実物が発見された最初の事例となりました(現在では20例ほどが発見されているようです)。

 金縷玉衣で遺体を覆ったのは、いつか魂魄が体に戻ってきた時に体が腐っていないようにしていたということで、古代中国人の死生観も感じられますね。


秦漢帝国 (講談社学術文庫)
秦漢帝国 (講談社学術文庫)

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村