2019年09月16日

漢武帝 李広の死2 言い訳を延々とするよりも、李広は潔い死を選ぶ

 李広は、これまでの戦いに次ぐ戦いの日々を思い返すと、「私が道に迷ったのであって、部下に罪はない。今から自分で報告書を書く」といって、本営に向かいます。そして直属の部下に、「私は元服してより、匈奴と70回以上戦った。幸いにも大将軍に従って遠征して匈奴の単于と戦えるものかと思っていたが、周り道を命じられた上に道に迷ってしまった。これも天命であろう。齢60を越え、いまさら木っ端役人の相手などしたくない」告げると、自ら首を刎ねて死にました。

 将校以下、兵士たちは皆涙を流して李広の死を悼んだそうです。

 一方、驃騎将軍霍去病は副将を設けず、李広の子の李敢らに幹部にして自ら匈奴の敵中深く侵入します。そして、遭遇した匈奴の左賢王の軍と戦い、衛青以上の戦果を挙げました。帰国後に武帝が霍去病を嘉した言葉によれば、捕らえた捕虜は70,443人に上ったということです。

 衛青を圧倒的に上回る戦果ですね。論功行賞では、衛青やその部下には加増が無かったのに、霍去病の軍は霍去病に5,800戸が加増されたことを始め、多くのものが恩賞に預かりました。その中には、李広の子の李敢も含まれています。

 衛青の唯一の報奨といえば、新設された大司馬の位に霍去病と共に任じられたことくらいでしょうか。

 しかし、それまで軍人として位階トップであった大将軍と驃騎将軍の位を同等にするように定められましたので、甥と比べると露骨なまでに差をつけられたことになります。

 誰がどう見ても、武帝の寵は霍去病にあることが分かります。衛青を頼っていた者の多くは霍去病に付き、そして出世していきました。この時に節を曲げなかった人物に、任安なる者がいます。彼の名前はもう少し後に見ることになるでしょう。

 もっとも、霍去病は金品に執着したわけではありません。武帝から大邸宅を与えられた際にも、「匈奴が滅びないうちは家のことを考える暇はありません」と言ったと伝えられます。ただ、金を求めたわけではなくても部下に思いを馳せることはできなかったようで、遠征の際に与えられた大量の糧食は余っているのに兵士は飢えてやせ細っていたそうです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村