2019年09月12日

漢武帝 霍去病無双1 公孫敖軍との合流に失敗した霍去病、自軍だけで匈奴深く攻め入り大戦果を挙げる 敗戦の責任を取らされそうになった渾邪王は漢に降る

 一方、霍去病の軍は公孫敖の部隊との合流に失敗したのですが、自分たちの部隊だけで居延の河を越え、祁連山にまで至り、匈奴と戦って大戦果を挙げました。武帝が「降伏したもの2,500人、あげた首級と捕虜は30,200、5人の王、5人の王の母、単于の閼氏(単于の正妻の称号)、王子59人、相国・将軍・当戸・都尉あわせて63人をとらえた」(『史記列伝 4 (岩波文庫 青 214-4)』ただし、漢数字は引用者にてアラビア数字に置き換えた)と称える大勝利です。

 なお、張騫は進軍が遅延したことを罪で、公孫敖もまた道を誤った罪で死刑を宣告されますが、両名とも金で罪を贖っています。

 霍去病の赫々たる武勲の背景として、武帝がこの若き将軍を愛し、最精鋭の部隊を与えていたこともあります。しかし、それだけを理由にするのは霍去病に対して失礼でしょう。彼は常に陣頭に立ち、敵中深く入り込むことを躊躇しませんでした。

 彼の性格を物語る逸話に、武帝が霍去病に孫子・呉子の兵法を教えさせようとしたところ、彼は「ただ戦略をどうするかが問題なだけです。昔の兵法など学ぶ必要はありません」と謝絶したというものがあります。ということは、彼の栄光は本人の判断とセンスが生み出したものなのですね。

 幸運もあったのでしょうが、彼が優れた将軍だったことは間違いありません。

 漢の大勝利は、すなわち匈奴には大敗です。単于は西方を守る渾邪王が何度も敗北することに腹を立て、処刑しようと考えます。それを知った渾邪王は、休屠王と共に漢に降伏しました。

 渾邪王には莫大な金品が支給されました。なにせ、彼と共に降った人数は数万を数え、これによって漢は河西回廊を握ることになったのですから、武帝にとってはその程度の報奨で済むなら安いものだったのでしょう。

 前120年、匈奴はまたも漢に侵入し、殺害されたり拉致された者は1000人にもなりました。


史記列伝 4 (岩波文庫 青 214-4)
史記列伝 4 (岩波文庫 青 214-4)



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村