2019年09月11日

漢武帝 東方朔2 博覧強記で怪異にも詳しく、その名は伝説となって「鶴は千年亀は万年、東方朔は八千歳」と謳われた

 博覧強記で怪異にも詳しく、函谷関で武帝の行く手を塞いだ怪物の正体を消す方法を教えた、などという荒唐無稽な話も伝わっています。後世では話に尾鰭が加わっていき、やがて西王母の飢えた3000年に1度しか実をつけない桃の実を3つも盗んだなどとどんどん人間離れした物語ができていきます。その桃を食べた東方朔の寿命は8000歳になり(ということは、まだご存命なはずなのですが、残念ながら武帝が死ぬ前に世を去っています)、「鶴は千年亀は万年、東方朔は八千歳」などという言葉まであるそうです。

 日本の能の演目『東方朔』は、この西王母の桃を扱った話とのことですので、興味がある方はぜひご覧になってみてください。
彼は実際に有能だったようですが、それ以上に話も面白かったそうです。短気な武帝も、東方朔と話をすると機嫌が直り、食べ物や金品を下賜しました。

 東方朔のように、有能な上にユーモアも持つ天才超人には武帝も良い君主だったのかもしれませんが、通常の能力の持ち主には厳しかったのでしょう。

 話が逸れました。

 前121年、武帝は霍去病を驃騎将軍に任命し、1万の騎兵を与えて匈奴に向かわせます。隴西から出撃した霍去病は5つの国を踏破し、転戦して折蘭王を殺し盧胡王の首を得、さらに渾邪王の子を捕らえ、首級と捕虜は合わせて8,000にもなるという大勝利を挙げました。
この功績で霍去病は2,000戸を加増されました。

 同年夏、霍去病は公孫敖や張騫らと共に再び匈奴攻撃に向かいます。張騫と李広は霍去病とは別れて進軍したのですが、李広の部隊4,000が洗浄に着いたところで匈奴の左賢王率いる数万の軍に遭遇してしまいます。

 李広は寡兵ながらよく戦い、半数以上の兵を失いながら、匈奴にも自軍を越える損害を与えました。そこに張騫の部隊が到着したため、匈奴は兵を引いています。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村