2019年09月06日

漢武帝 張騫の帰国2 何とか月氏のもとへ辿り着いた張騫だったが、月氏は安定した暮らしを得て匈奴への対抗心を失っていた 帰途もまた匈奴に捕まる

 大宛から康居を経てようやく月氏のもとへたどり着いた張騫でしたが、月氏との同盟は成りませんでした。月氏が逃げ込んだ先は豊かな土地な上に、周りにライバルがいません。おまけに、東西貿易の中間点だったため、安定した生活を楽しんでいたのです。当然、強敵が待ち受け、困難な戦いに勝利しても痩せた土地しか手に入らないというのでは、復讐など考えないでしょうね。

 10年以上の軟禁生活を送って、なんとか目的地に到達したものの、何ら利を得ること無く帰国に途についた張騫の心境には同情しか湧きません。

 しかし、彼にはまだ苦難の未来が待っていました。

 張騫は武帝に復命するため長安に戻らなければなりません。しかし、往路と同じルートでは、みすみす匈奴の捕虜になりにいくようなものです。そこで、彼は崑崙山脈沿いに羌族の地を通るルートを選んだのですが、今回もまた匈奴に見つかってしまい、囚われの身となってしまったのです。

 1年余り後、匈奴では軍臣単于が亡くなったことから、内紛が起こります。この隙に張騫は匈奴の支配下を脱し、そしてようやく漢にたどり着いた、というわけです。

 出発の時、100人余りいた随行者は、なんと2人しか戻ってくることができませんでした。どれだけ過酷な旅だったかが伺われます。

 月氏と同名を結んで匈奴を攻撃するという目的は果たせませんでしたが、張騫の帰国により、西域の情報が漢に届けられたことになります。

 情報の中には張騫自身が訪れた国だけではなく、近隣の国々に関するものも多くありました。こうして知られるようになった国に、ローマを苦しめたパルティアについてのものも含まれています。漢では大月氏の西数千里にある安息として記録されているのがそれなのですが、史記には「定住の生活をして農耕をいとなみ、稲と麦を植え、葡萄酒を作ります」とあって、ローマの記録とは少々違うように見えます。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村