2019年09月01日

漢武帝 飛将軍李広1 呉楚七国の乱に参加して活躍するが、不運も重なり昇進はできなかった 鎮圧後は匈奴との最前線で奮闘、、石に立つ矢の故事を生む

 李広については、文帝と共に狩りにでかけた時に武勇を見せ、高祖の時代に生まれなかったことを惜しまれた人物として既に触れていますね。彼は景帝の時代には隴西の都尉となり、騎兵を率いていました。

 隴西の太守だったとき、羌族が背いたことがあります。李広が降伏するように説いた結果、800人が応じました。しかし、李広は結局彼らを殺してしまいました。従兄弟の李祭は李広と同時期に出仕して出世を重ねていたのに李広がいつまでも出世できないのはそれが原因だと言われたこともあります。

 私としては、李広は功績が大きくても、被害も多いため、評定が低かったのではないかと思います。

 呉楚7国の乱の際には周亜父の指揮下で活躍を見せています。梁王劉武が李広を将軍に任命したのですが、中央の許可を得ていなかったということがあり、恩賞は得られないという不運に見舞われています。

 反乱鎮圧後は対匈奴の最前線である上谷へ転任し連日匈奴と戦います。常に最前線に立つため、才能も気力もある李広がすぐに戦死してしまうのではないか心配した同僚が泣いて上に訴えるほどでした。

 ある時、李広が猟に出て、草むらに埋もれかかった石をトラと見間違え、矢を放ったことがあります。矢は石を貫通した、といういささか真偽の怪しい話も残っています。この故事から、一心に取り組めば成就するという意味の「石に立つ矢」なる言葉が生まれました

 こうしたこともあり、上郡の太守に昇進します。

 匈奴が上郡に侵入すると、景帝は信頼する宦官を李広の下に派遣し、軍を訓練して匈奴を攻撃させようとしました。この宦官が騎兵数十人といるときに、3騎の匈奴に襲われてしまいます。宦官は多くの部下を失い、自身も負傷して李広の下に逃げ帰りました。

 李広は「そいつらはタカ狩りの連中でしょう」と言うと、100騎程で後を追います。3人の匈奴はウマを失い、徒歩で戻ろうとしていました。李広は彼らに追いつき、2人を殺し、1人を捕虜にします。取り調べの結果、彼らは李広の予想通りタカ狩りにきていたのでした。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 漢武帝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村