2018年05月11日

春秋戦国 春秋戦国の分岐点 諸説と韓魏趙が諸侯に封じられた前403年説

 智氏が滅んだのが453年(『世界の歴史〈2〉中華文明の誕生』は史料批判の結果から、前451年とします)、その後も晋の3卿支配は揺るがず、前403年には韓、魏、趙が正式に諸侯に認められます。

 日本では前453年に晋が3卿の実質支配に落ちた時点またはこの前403年の3卿の封公をもって戦国時代の始まりとされることが多いようです。勿論、前453年または前403年に、突如として中国社会のあり方が大きく変わったわけではありません。連続的な変化の中の一点を切り取ろうというのですから、異説はあります。

 例えば、春秋時代の名のもとになった魯の年代記『春秋』が前481年までで記述が終わっていることから、それ以降が戦国時代である、とするごもっともな意見があります。中国では春秋左氏伝の記述の終わる前468年または史記六国年表の始まる前476年とされることが多いそうです。

 前403年を戦国時代の開始とすることで有名な本は、宋の司馬光が皇帝に献じた『資治通鑑』でしょう。

 『資治通鑑』は、臣は常に自ら揆(はか)らず、冗長を削り、要点を撮(つま)み、専ら国家の盛衰に関わり、人民の喜憂に繋りますもの、法となすべき善事、戒めとなすべき悪事を取り、編年の一書を作り、先後に脈絡があり、精粗が不均等になりませんようなものを作りたい(『中国文明選〈1〉資治通鑑 』)という実に高い意識で記されたものです。

 冗長であろうと、要点が絞れてなかろうとも、専ら私が面白いと思うものを取り上げ、脈絡がなく、好きなものは詳しく書くが興味がなければ冷淡という私のスタンスとはまったく正反対であります。司馬光は同書の中で「性識は愚魯、学術は荒疎でありまして」とあることは、自称のレベルでは同じですが、私の場合には自他共に認めるという奴で、司馬光は皇帝への献辞における当然の謙遜という違いがあるわけです。しくしく。ですが、私は司馬光ですら、1人の巨人としてその肩の上から歴史を眺めることができるのです。後世に生まれることの甚だしいメリットはこれに尽きますね。

 さて、『資治通鑑』は、諸侯が君主の力を奪った現実に対して周王室が現実を認めることで、周が秩序を保つ力を失ったことが白日の下に晒され、また大義名分を失ったとして、事実上この時点で周が滅んだとしたわけです。

 歴史的な秀才、司馬光の権威に従うというわけではありませんが、ここでは晋が分裂した3国が諸侯に封じられた前403年を指すことにします。次回から、戦国時代を見ていくことにしましょう。

世界の歴史〈2〉中華文明の誕生 (中公文庫)
世界の歴史〈2〉中華文明の誕生 (中公文庫)

中国文明選〈1〉資治通鑑 (1974年)
中国文明選〈1〉資治通鑑 (1974年)


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村