2018年05月21日

春秋戦国 墨子2 生没年は不詳でも、活躍の時期は推測可能 墨翟の唱えた10の論

 例えば、魯陽の文君が鄭を攻撃しようとした際に中止を求めている事例です。魯陽の文君は、「鄭の人々は哀公・幽公・繻公と3代に渡り弑逆し、天はその振る舞いに対して3年間の凶作を見舞った」と語っています。繻公弑逆は前396年のことですから、そこから3年間の凶作があったとすれば会談は前394年か前393年になります。

 また、斉の田和に会見したことが記録されています。田和の在位期間は前386年〜前385年ですから、この時には存命だったのですね。そして呉起が死んだ前381年直後であろう、 陽城君の領地攻めの時には別の人物が3代目のリーダー、鉅子を務めていました。このような事実から、『墨子』は墨翟の活躍年代は前450年ごろから前390年ごろまでと推測しています。

 その活動の中心は、孔丘と同じく魯を中心にしていますので、魯出身かもしれません。

 当初は儒家に学んだようですが、教えに不満を抱いて新たな学派を作りました。それが墨家で、儒家と大きく異なるのは、儒家が親子や君臣といった上下の関係を重視した(だから、親の仇は倶に天を戴かず(不倶戴天)と、最も激しい表現になるわけです)のに対し、墨子は誰に対しても隔てのない愛情こそが全体を平和にするという兼愛を唱えたことでしょう。

 兼愛について、『墨子』は墨家が兼愛論を説く目的は、世界の混乱を収拾して、新しい安定的秩序をもたらそうとする一点にあると説明しています。利己主義こそが全ての問題の背後にあるため、自分と同じように他人を愛することを求めたわけです。

 墨翟の教えは、十論と呼ばれる10の主張からなっています。

尚賢 能力主義 教養や徳性ではなく、官僚テクノクラートとしての能力
尚同 統治者に従う
兼愛 自分と他人を等しく愛する
非攻 侵略戦争の禁止
節用 節約
節葬 厚葬を行うべきではない理由
天志 
明鬼 天帝や鬼神を畏れ、従う
非楽 音楽への耽溺の戒め
非命 宿命を否定

 賢者を登用せよとする点では儒家と同じように見えます。しかし、儒家のいう賢者とは、仁やら礼が云々といった感じで、指導者の内面の成熟を求めて実利を求めることは無かった一方、墨家は労働とその成果を尊んでいます。賢に求める中身は全く異なります。

墨子 (講談社学術文庫)
墨子 (講談社学術文庫)


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

春秋戦国 墨子3 天帝を敬うことを説く一方、葬式は簡素にしろと現実を大切にする しかし、音楽に熱中せず働けと、ちょっと息苦しそう

 儒家と大きく異なるのは、孔丘が「怪力乱神を語らず」と、超越的な存在について触れなかったのに対し、墨翟はそうした存在を畏れ敬えとすることで実在を認めているところでしょう。それなのに宿命を否定する、というのは墨翟の中でどう折り合いを付けていたのか、なかなか面白い気がします。

 もう1つ、儒家と大きく異なるのは葬式を 華美にするな、というものですね。現代日本では不思議ではない考えでしょう。少なくとも、私は自分の周りで、親が死んだから3年間働きません、飲み会にも出ません、という方を見たことがありません。しかし、当時は違いました。儒家は大げさにしても、大切な人の死後の生活が困らないようにと、副葬品に仕事道具まで入れる程でした。まだ儒教が国境となる前の、秦代の墓から出てきた副葬品のお蔭で当時の法律について分かることがあるということについては後に触れる予定です。

 葬式が手厚いものだったことは、葬式を質素に行なえと遺言した曹操の墓から実に豪華な副葬品が出てくることからも分かります。厚葬は当たり前と考える社会で、儒家が主張するように親が死んだら3年間喪に服せ、となると大変なことです。その間は働いてはならないのです。働かないからといって遊ぶことも禁止です。そりゃあ晏嬰に批判されますよ。

 儒家と墨家はその教えの内容に大きな隔たりがあるのです。それは一見すると同じ教えに括れそうな部分にも内在しています。ですから、墨家が儒家を激しく批判したと聞いても驚くことはないでしょう。

 例えば、儒家が上天には明察力がないと主張することで上天を怒らせていること、葬儀を厚くすることは財を消費し労働力を霧消させること、音楽に熱中して他に使うべき資源を浪費させてしまうこと、宿命論を唱えることでそれを受け入れた人間の勤勉さを失わせること、等々。

 音楽も楽しまずに働けとはどんなブラック企業なのかと思わなくもないのではありますし、不可知論者の私からすれば天に明察力があるというのは厳密な証明があるわけではないので受け入れがたいといった点がありますが、少なくとも生産物を大事にしようという点で墨翟の論の方が私は気に入っています。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

春秋戦国 墨子4 侵略戦争阻止1 楚が公輸盤の発明した最新兵器・雲梯を用いて宋侵略を企てていると聞き、楚に急行

 墨家の思想の非常に大きな特長を2つ挙げるなら、1つは先述した兼愛で、もう1つは非攻でしょう。

 侵略戦争の反対と聞けば、我々も頷くしかありませんね。実際のところ、現代社会においては日本に限らず、大義名分のない戦争は禁じられています。そういう意味で、憲法9条を改正して自衛隊を軍隊であると現実に即して認めても、日本が戦争を積極的に行うようになるわけではないでしょう。

 さて、古代中国では侵略戦争が制限されていなかったのは事実です。しかし、大義のない戦争は孫武も呉起も止めるべきとしていますから、戦争を仕掛けるにもそれなりの理由が必要とはされていました。

 墨家の場合、非攻には各国の領土保全と周王朝の権威を認めることが含意されています。小国は大国の圧力をはねのけるため、有能な人物を登用し、国力を低下させないようにしなければならないとすることで、尚賢も非攻からでてくるわけです。

 墨翟はただ観念的に戦争は行けないと説くだけではありません。墨翟自身、実際に戦争防止に奔走しています。そして、楚が宋を攻撃しようとするのを諦めさせています。

 公輸盤という人物(孟子によれば魯の公子)が、楚のために雲梯という攻城兵器を開発します。

 楚はこれを受け、宋攻撃を図ります。それを知ると、墨?は斉を発ち、10日間夜を日に継いで楚へ急行して公輸盤に面会を申し込みます。公輸盤が墨?を招き入れると、墨翟は「北方に自分を侮辱する者がいます。大金を積むので、貴方の力でその人物を殺害して欲しい」と願いを述べます。公輸盤が犯罪シンジケートの親玉扱いされて不機嫌になると、墨?は更に十分な報酬を弾むから、と畳み掛けます。

 公輸盤は自分は殺人を働くような人間ではない、と激高しました。しかし、これこそが墨?の狙った言葉だったのです。すかさず、本来話したかったことを話し出します。

 曰く、「あなたが雲梯を開発し、宋を攻撃しようとしていると聞いた。宋には何の罪もない。楚は国土は広いが人口が少ないのに、戦争で更に人を減らすのは愚かなことである。落ち度のない宋を一方的に攻撃するのは仁に欠ける。貴方は先程殺人を働くような人間ではないと言ったが、戦争でより多くの人間を殺そうとしているのだから、同類に過ぎないではないか」――。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

春秋戦国 墨子5 侵略戦争阻止2 楚王の前における模擬戦で、墨翟は公輸盤の戦術を全て防いで見せ、楚王は宋進行を諦める

 公輸盤は反論できず、うなだれます。墨翟は、それでは何故、攻撃を止めようとしないのか、と追い打ちをかけます。公輸盤は「既に楚王に雲梯を献上した以上は無理だ」と責任逃れに走りました。こうして墨?は楚王と謁見するルートを開いたのです。

 楚王に目通りした墨翟は、「高級車を持ちながら隣家のボロ車を盗もうとする、あるいは錦や刺繍で彩られた豪奢な服を着ながら隣家のボロ布を盗もうとする、あるいは贅を尽くした食卓を囲みながら隣家の質素なご飯を盗もうとする(この調子で同じような話を延々と連ねるのが墨?の特長で、文章が下手と言われる原因になっています)、そのような男がいたらどう思いますか?」と問います。楚王は、それは盗癖のある男であろう、と答えました。

 墨翟は、「楚の領土は広く、宋の領土は狭い。楚には潤沢な希少品があるが、宋にはない。これこそ先程の盗癖を持つ男の話に相同するものである。楚王は大義名分の無い戦いを行い、得るものはないでしょう」と理路整然と楚王の企む戦争に大義がないことを説明しました。

 楚王は、そうは言っても、公輸盤が雲梯を発明してくれたから、彼を立てなければならぬと責任転嫁します。

 墨翟は公輸盤に向き合うと、「では、貴方の攻城兵器を打ち破ってみせましょう」と大見得を切ります。

 そして自分の帯を解いて床に置いて城壁とし、木片を攻城兵器と守備兵器に見立て、楚王の眼前で公輸盤と図上演習を行います。公輸盤は考えつく限りの手法を全て試しますが全て跳ね返され、しかも墨翟にはまだ防御術が残っていました。

 公輸盤は、「それでも尚、私は貴方を打ち破る方法を知っていますが、それは言わないでおきましょう」と負け惜しみを言います。墨翟は「私も貴方の言う方法を知っていますが、言わないことにします」と返しました。一人理解できない楚王が何のことかと問います。墨翟は、「公輸盤が言わんとしているのは、私を殺してしまおうということです。私を殺せば宋を守れる者がいなくなる、と考えてのことですね。しかし、私の弟子の禽滑釐(きんかつり)ら300人が既に私の考案した防御装置を携えて宋に入り、今や遅しと楚の侵攻を待ち構えています。私を殺しても無意味です」と答えました。

 新兵器の有効性が失われたことを知った楚王は宋侵攻を諦めました。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

春秋戦国 墨子6 斉への帰路、宋の門番に追い払われる墨翟 墨家に題材をとった『墨攻』(面白いですよ)

 それにしても、シミュレーションで敗北を悟り、きちんと方針を転換するとは、楚王は立派ですね。1941年、東方にある島国はアメリカと戦争に踏み切ったらどうなるかを図上演習し、敗北とでたのですが、偶然だと一蹴して戦争に突入、シミュレーション通りに負けたという大変にアレな歴史を持っていますから。

 尚、この話には後日談があります。

 楚王の意図を挫いた墨子は楚から斉へ戻る途中、宋を通ります。そこを大雨に見舞われ、城門の庇で休もうとしたところ、門番は墨?をスパイと疑って追い払ったというのです。

 ともあれ、墨家集団が守備側に味方して城を固く守ったことから、固く守ることを墨守と言うようになりました。

 その防御術は『墨子』に訳されています。グループを作って連座制を適用し、裏切りや味方の士気を低めるような、敵に利する行為は厳しく罰せられました。また、守備隊の配置を決して漏らしてはならないとか、特定の場所を兼務させてはならないとか、微に入り細を穿つような書き方です。当時の戦争について、知ることは多いでしょう。

 酒見賢一の『墨攻 (文春文庫)』は、この墨守を攻守逆にしたことで意表を突くイメージを与える作品です。戦国の七雄、燕と趙に挟まれた小国梁を革離という主人公が守り抜こうとするストーリーですが、梁といえば通常は戦国の七雄の一角を占める魏のことです。魏が秦の圧力に圧されて大梁に遷都してからは国号を梁としているので、はて、そんな話はあったかなと思ってしまうのが玉に瑕です。(正確には、春秋時代に梁という小国はあったのですが、墨翟の活躍以降とすると矛盾が生じます)

 まにあっくで申し訳ありません……。

 さて、墨翟は戦争を防ぐために経済的な不利益にも訴えます。

もし国内で侵略軍を編成しようとすれば、部隊の指揮官や戦車兵となる君主子飼いの兵員は数百人、兵士を督責したり、経理を担当する軍吏たちは数千人、歩兵や雑役夫の数は十万人にも達するであろう。(略)こうなると、為政者は内政に気を配る時間的余裕がなく、官僚たる士は国家財政を充実させる余裕がなく、農民は農業に精を出す余裕がなく、夫人は糸を紡いだり布を織ったりする余裕がない。これこそが、攻戦によって国家が正常なる秩序を失い、あらゆる人々が本務を投げ出すことに他ならない。(略)従軍してきた雑役夫たちは、飢えたり凍えたり病気にかかったりで、道路わきの溝に転がって死ぬ者は、数えきれぬ有様である。こうした行為が人間に不利益をもたらす度合いは、その結果世界中が甚大な損害を被るとまで言わねばならない。それなのに君主や貴族たちは、さも愉快そうにこうした攻戦を続けている。とすればこれは、世界中の人々を虐殺し、滅亡させることを楽しんでいるのに異ならない。どうしてこれが非道でないことがあろうか。
『墨子』

墨子 (講談社学術文庫)
墨子 (講談社学術文庫)

墨攻 (文春文庫)
墨攻 (文春文庫)


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村