2018年05月06日

春秋戦国 晋の崩壊2 智伯の要求を拒んだ数奇な出自を持つ趙氏のリーダー趙無恤

 こうして力を握った智伯瑶は、晋公に取って代わるという野望を抱くようになります。

 まず智伯瑶は韓と魏に土地を要求します。韓虎と魏駒は次のターゲットにされては叶わぬと土地を与えました。続いて知氏は趙にも土地提供を要求しますが、趙無恤(諡号が襄であることから、趙襄子と呼ばれることもあります)は拒否しました。

 趙無恤は少々変わった出自を持っています。彼の父は先に述べた趙鞅で、その母は異民族である翟族出身の側室です。おまけに趙無恤は末子でした。当時の序列に従えば継承権など無いも同然でしたから、本人含め、誰も趙無恤が趙家のリーダーになるとは思っていませんでした。ある時、趙鞅が人相見を招いて子供たちを見せます。人相見は誰も将軍になれないと予言しますが、この時に趙無恤だけは人相見に見えていませんでした。最後に末子趙無恤を人相見に見せると、人相見は趙無恤は大成すると予言します。

 偏差値もセンター試験どころか科挙も九品官人法も無い時代、人相見は単なる占いでは済まない意味を持ちます。それは、高位高官にある者への人物評であり、当然のこととして個人の栄達と深い関係がありました。

 後の三国時代前夜の話になりますが、人相見の許劭が甥の許靖と共に毎月1日に開いた人相見の会(彼らはそれを月旦評と呼びました)の影響力は極めて大きなものでした。曹操が許劭のもとへ押し掛け、半ば無理やり「君は治世の能臣、乱世の奸雄だ」との評を得て喜んだのも、そうした背景があるからです。

 さて、人相見からの好感触の言葉を貰った趙無恤でしたが、さすがにそれだけでは跡継ぎに指名されるはずもありません。

 後日、趙鞅は子供たちに「常山の頂上に宝を隠してある宝を見つけた者に褒美を与える」と約束します。趙無恤以外の子たちは誰も宝を見つけることができませんでしたが、趙無恤だけは「常山の頂きからは代を望むことができます。代は、奪うことができます」と答え、父のお眼鏡に適います。こうして趙無恤は父の死後に趙一族を束ねることになったのでした。長男の趙伯魯はどうやら無欲な人物だったらしく、弟の無恤が後継者となったことを喜んで認めています。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ラベル:中国 春秋時代
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

春秋戦国 晋の崩壊3 晋陽は水攻めで陥落寸前となるが、智氏の強欲を警戒する韓・魏を離反させ、逆に智氏を滅ぼす

 趙無恤は父の喪が開けきらぬうちに、姉婿にあたる代王を宴に招き、宴席上で代王を捕らえると、そのまま処刑してしまいます。姉は趙無恤を詰って自殺しましたが、王を失った代はそのまま趙に吸収されるのでした。この頃、既に兄の伯魯は他界していたため、無恤は伯魯の遺児に代を与えて恩に報いています。

 この趙無恤が、日の出の勢いの智伯瑶の要求を拒絶したのです。格好の介入理由を得た智伯瑶は、韓魏と語らい、共に趙に攻め込みます。趙無恤は晋陽に逃げ込み、それを追ってきた智・韓・魏の連合軍が晋陽を包囲しました。

 攻城戦が遅々として進展しないことに苛立った智伯瑶は、汾水の水を城に注ぎました。水に濡れた食料は傷んでしまいます。城内は飢え、子を取り替えて食う有様を呈しました。

 智伯瑤は魏駒を御者に、韓虎を添え乗りとさせていました。水攻めの様子を見て、「水で他国を滅ぼせるものだなあ」と言います。それを聞いた魏駒は韓虎を肘でつつき、韓虎は魏駒の足を踏んで、互いに警戒するよう注意を促します。韓も魏も、都は川の近くなので、同じことをされかねないのです。

 絶体絶命のピンチでしたが、趙襄子は密かに使者を城から出し、韓魏に接触します。そして、「唇滅びれば歯寒しと言われます。智伯瑶は強欲で、仮に趙を滅ぼしたとしてもそれで満足することはなく、次は韓、魏が侵略を受けるでしょう」、と、智伯瑶への叛逆を持ちかけます。

 韓虎も魏駒も内心では智伯瑶を最大の危険人物だと見做していましたから、趙無恤の誘いに乗ることを決めました。

 約束の日、智氏の軍に韓と魏の軍が襲いかかります。趙も晋陽を討って出て攻撃を仕掛けることで、智軍は完全に包囲され、殲滅されました。智伯瑶は囚われ、殺害されます。

 かつて趙無恤は宴席で智伯瑶に酒を浴びせかけられたことがありました。その恨みを晴らすため、趙無恤は智伯瑶の頭蓋骨に漆を塗って盃としました(頭蓋骨を便器にしたとされることもありますが、他の事情など鑑みるに、どうやら盃が正しいようです)。それで飲む酒が美味しいものか、私には甚だ疑問ですが……。

 かくして智氏は滅び、晋の実権は韓魏趙の3卿の手に落ちました。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

春秋戦国 豫譲の復讐1 智伯瑤から国士と遇された豫譲、超無恤への敵討ちを誓う

 智伯瑶の滅亡に触れたからには豫譲の物語を外すわけには行きません。

 豫譲は范氏、中行氏に仕え、両家滅亡後は豫譲を主君としていました。先の范氏、中行氏からは特に目をかけられなかった豫譲でしたが、智伯瑶だけは彼を国士と遇しました。

 豫譲は運命の日に智伯瑶の側にいなかったために生き延びていました。そして主君の死と、遺体が辱められたことを知ると、「ああ、『士は己を知る者の為に死し、女は己を説(よろこ)ぶ者の為に容る』とか。智伯さまはおれの理解者だった。おれはきっと仇を討って死ぬぞ。それで智伯さまにご恩返しができるとなれば、おれの魂も恥をかくことはあるまい」(『史記列伝 2』刺客列伝)と述べて趙無恤暗殺を図ります。

 え?誰がこの危険極まりない、趙無恤の耳に入ったら暗殺が失敗するであろう独り言を聞いていたのか、ですって?鋭いツッコミの通り、豫譲の独白とされるものは、豫譲のとった行動から作り出されたフィクションでしょう。

 史記にはどうにもこの手の史実性の怪しい話が紛れ込んでいるので、起こった出来事は歴史的事実かもしれませんが、人の心の動きやら会話は怪しいものと思うのが良いでしょう。

 さて、豫譲は趙無恤に近づくため、姓名を変えて刑余の者になりすまし、懐に匕首を忍ばせて便所の壁塗りとなります。趙無恤はトイレに近づきますが、胸騒ぎがして調べさせると、果たして豫譲でした。護衛が豫譲を誅殺しようとしますが、趙無恤は豫譲を義士として釈放させました。

 次に豫譲は身体に漆を塗ってハンセン病患者に見せかけ、更に炭を飲んで声を変え、市場で物乞いに扮しました。妻でさえ夫を見分けることができないほどの変わり方だったと伝えられます。ところが、友人にはバレてしまい、話しかけられます。

史記列伝 2 (岩波文庫 青 214-2)
史記列伝 2 (岩波文庫 青 214-2)


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

春秋戦国 豫譲の復讐2 寝首を掻くことを嫌った豫譲の暗殺の失敗と、その潔い最期

 友人は豫譲に、お前の能力であれば趙無恤は召し抱えてくれるだろうから、その上で側に近づけばもっと楽に目的を達成できるのではないか、と人でなしな提案をします。しかし、豫譲は二心を抱きながら誰かに仕えることなどできないと、きっぱり拒絶します。そして「なるほどおれのやっているのはひどく苦しいことではあるさ。だがこうするのは、天下後世の臣下として二心をいだいて主君に仕える者どもに、恥ずることをおしえてやるためだ」(『史記列伝 2 』刺客列伝)と言うと立ち去りました。

 暫くして、豫譲は趙無恤が外出するとの情報を掴みます。豫譲は橋の下に潜みました。ところが、異常な雰囲気を察知したのか、橋に差し掛かったところで趙無恤のウマが騒ぎます。趙無恤は豫譲が居るに違いないと辺りを捜索させました。豫譲は捕まり、趙無恤の前に引き出されます。

 趙無恤は流石に怒り、「お前はかつて范氏、中行氏に仕えていたが、智伯瑶がそれを滅ぼした時には敵討ちなどしようとせず智伯瑶に仕えたではないか。その智伯も死んだというのに、なぜ執拗に仇を討とうとするのだ」と豫譲のダブルスタンダードを非難しました。

 豫譲は、「范氏、中行氏は自分を並の臣下として扱ったから、自分も並の臣下として応えました。智伯様は私を国士として扱ってくださった。だから国士として恩に報いようとしているのです」と応えます。

 筋が通っていますね。自分の力を認め、頼りにしてくれる人には応えたくなりますから。

 趙無恤は涙を流しながら、「お前の忠義は十分に示された。予は既に一度、そなたを許しているが、もう許すことはできない」と言い、兵士に命じて豫譲を取り囲ませました。

 豫譲は以前の恩を謝し、自分の罪が死に値するものであることを認めます。その上で、趙無恤に上着を下賜して頂ければ、それを叩き切って敵討ちに替えさせて欲しいと頼み込みます。豫譲の言葉に感じ入った趙無恤は上着を与えました。豫譲は3度、躍りかかって上着を切りつけ、「これで地下の智伯様にご報告できる」と叫ぶと、自らを刺して自害しました。

 趙の心ある男たちは彼の義挙に涙を流したと伝えられます。

史記列伝 2 (岩波文庫 青 214-2)
史記列伝 2 (岩波文庫 青 214-2)


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

春秋戦国 豫譲の復讐3 余談・復讐は蜜の味? 西ドイツの法廷で起こった血塗られた復讐劇 恐らく、復讐は何も生まないわけではない

 あるいは、豫譲はただのテロリストではないかと思われるかも知れません。しかし、私は違うと思います。テロリズムは暴力を用いて政治目的を達成するためのものですが、豫譲は晋の政治体制を変えたかったわけではなく、智氏の再興を求めたわけでもなく、単に恩義のある智伯瑶の仇である趙無恤を殺害したいという復讐に燃える男に過ぎなかったわけですから。

 似たような話として私が思い起こすのは、下記のような事件です。

 1981年3月6日、西ドイツでマリアンネという女性がグラボウスキーという男を殺害する事件が起こります。単に殺人というのなら世界中で見られる現象ですが、この事件は一風変わっていました。というのも、事件が起こったのが法定だったからです。

 グラボウスキーは、マリアンネの7歳の娘アンナを強姦し、絞め殺した事件で公判中でした。彼は幼女に対する性的暴行の前科があり、睾丸除去を受けて社会に出ていたのですが、性欲は失っていませんでした。意外なことですが、宦官でも処置後しばらくは性的欲求があるそうなので、これは不思議な事ではないのかも知れません。

 3月3日の第1回公判で、彼はアンナ殺害は認めたものの、遊ぼうとしたら誘拐と騒がれた、自分は前科持ちだから動揺して殺してしまったのだと陳述しています。母親のマリアンネの眼の前で。3月6日の第2回公判の際、マリアンネはグラボウスキーの背後から8発撃って6発命中させ、グラボウスキーは即死しました。

 歴史の流れという話をするのであれば、国家が個人から復讐権を奪うことが先進国では見られる流れです。しかし、私は彼女の行為を歴史の流れに反すると非難する気にはなれません。なんとなれば、私ももし我が子が殺されたなら、同じことをしてやりたいと思うからです。そう思う人は多かったようで、マリアンネの罪を軽くするべきであるとの署名が世界各地から寄せられたそうです。

 豫譲も同じ想いで暗殺未遂事件を起こしたというのなら、その想いを汲んで悪いことはないと思います。ただ、暗殺が失敗したからこそ、その最期が潔いものだったからこそ、豫譲の行動は義挙とされたのかも知れません。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | 春秋戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村