2017年04月30日

キリスト教の成立 布教活動の後退 イエスの師、洗礼者ヨハネの無残な死

 終末論をふりかざして信者を集めるイエスと洗礼者ヨハネの活動は、専制的な分封支配者ヘロデ・アンティパスにとって脅威だったのです。ヘロデ・アンティパスはかのヘロデの息子でピラト管轄下にあってペレアを支配していた人物です。ヘロデの息子たちは王位を認められていなかったため、分封支配者なる地位が与えられていました。

 洗礼者ヨハネは砂漠にある要塞マケルスの牢獄に繋がれます。マケルス要塞は発掘されている。サロメが舞った宴会場のモザイクの床は今も残り、下の段には独房が残る。

 ただし、面会は許されていたようで、獄中でもイエスの活動の情報は得ていたようです。しかし、洗礼者ヨハネは獄を脱することは叶わず、ここで命を落とすことになります。

 洗礼者ヨハネの最期については、少々異常性の高い逸話があるため、大変に有名なものとなっています。

 ヘロデは弟の妻ヘロディアを娶ります。この際、洗礼者ヨハネは兄弟の妻を娶るのは良くないとヘロデに忠言し、睨まれていたのです。洗礼者ヨハネは不興を買って捕えられました。

 ヘロデの誕生日を祝う祝宴で、ヘロデにとっては姪にあたるヘロディアの娘(聖書は名を伝えませんが、サロメと言われます)が見事な舞を演じた際、ヘロデは褒美になんでも好きなものを与えよう言います。サロメが求めたのは、母の結婚を口を極めて非難した洗礼者ヨハネの首を求めることでした。こうして洗礼者ヨハネは首を切り落とされたことになっていますが、サロメの話があっても無くてもヘロデ・アンティパスは洗礼者ヨハネを処刑していたことでしょう。イエスが処刑される2,3年前のことです。

 うら若き女性が生首を所望するという異常なストーリーは世の芸術家の心の琴線に触れたようで、この逸話を扱った多くの芸術作品が残されています。美術館に行く際には頭に入れておきましょう。薀蓄タレと言われて敬遠されること、請け合いです。

 師のこのような死を迎えれば、ヘロデ・アンティパスがその弟子たちをどうしたいと考えているかは火を見るより明らかです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教の成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

番外編 ハンニバルが巨岩を砕くのに水ではなく酢酸を使った理由について

 過去、ポエニ戦争 第2次ポエニ戦争 アルプス越え7 道を塞ぐ巨岩を破壊し、遂にイタリアへにおいて、岩を破壊するのに酢酸を使った理由が分からないとしてこのように書きました。

 酢をかけるのと同じ効果で、酢酸が岩に亀裂を生じさせたとされます。単に熱した岩に冷たい液体をかけたことで熱応力で破壊されただけのように思うのですが、もしかしたら酢酸の方が水より浸透力があったのかもしれません。生水は感染症の危険が伴うため、カルタゴ軍が水の代わりに大量のワインを運搬していても不思議はありませんから、単に手近にあった液体としてワインを使ったと思うのですが……。お詳しい方、情報をお寄せ頂けると嬉しゅうございます。


 それが先程、『科学が明かす古代文明の謎 - 』にこのような記述があることに気が付きました。

 冷却材として各種濃度のビネガーを二〇〇ccほど用意し、ほかに栓を抜いて三ヶ月放置し酸っぱくなった赤ワイン(酢酸一四%)もテストしてみた。主な点を述べる。
 工兵隊が峠路でぶつかった公算の大きな石灰岩(ジュラ紀、一・五億年前頃)で、もっとも大きな効果が見られた。またあらゆる岩石サンプルで、酢酸四〜七%程度のビネガーがもっとも効果があったこと、とくに発行して酸っぱくなったワインをそそいだばあい、岩はジュージューと音を立てて、サンプルにヒビが入った、ということだ。


 同書によると、同じ実験で水を掛けた場合には軽くたたいただけでは岩はこわれなかったとあり、酢酸より効果が薄いとのことでした。石灰岩の場合、主成分はCaCO3のため、酸を掛けると下に示す反応が生じると思われます。

CaCO3 + 2CH3COOH → Ca(CH3COO)2 + CO2 + H2O

 岩石の主成分が化学的に分解されると同時に、ヒビ内で生じた二酸化炭素は急激に膨張することで岩を破壊しやすくしたようです。

 なるほど、当時の技術者たちは優れた知見を持っていたのですね!


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエニ戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村