2017年04月26日

キリスト教の成立 奇跡1 死者をも蘇らせるイエスの奇跡 実のところ、同じような奇跡は他にも記録がある

 最も甚だしいのは、熱心な帰依者マルタとマリア姉妹の弟ラザロが重病に罹って死んでしまったときのことです。イエスが駆けつけた時には既にラザロは死に、埋葬もされていました。死後4日たち、腐敗も始まっていたであろうラザロを、イエスは復活させたと福音書には書かれています。他にも寡婦の1人息子の葬儀に行き会ってその息子を蘇らせたともされます。いかにキリスト教徒であっても、これを文字通りに歴史的事実と信じている人は、そうはいないでしょうが……。

 ただ、この頃はこうした奇跡を売りにする者が他にも居ましたし、聖書に載っている話は教祖の偉大さを持ち上げるために変貌したものですから、どこまで事実かを問うのは無意味でしょう。彼は他の行者同様に奇跡を起こしたとされ、しかもそれはユダヤ教の祭司たちとは異なり無料でした。

 先に出生譚について、インドのクリシュナについての神話と同じであると述べました。ここでは、パンと魚の奇跡についても、『ジャータカ』においてゴータマが行ったとされる奇跡をなぞっていることを指摘しておきましょう。

 『ジャータカ』では、ゴータマは托鉢の鉢から500人の弟子と僧院の全ての者のパンを賄い、なおパンは余ったとされます。インドで見た通り、初期仏教教団は勃興しつつはあるが身分制度のために低い地位に押し込められていた商人階級から多くの布施を受けています。この逸話が本当なら、そんな必要な無かったのにと思ってしまいますが、そうした意見は措いておきましょう。一方のイエスは5つのパンと2匹の魚で同様に5,000人の飢えを満たします。

 奇跡の内容は全く同じで、500人と5,000人という数字も偶然にしては整いすぎているように思えます。尚、『ジャータカ』は前3世紀頃にインドで語り継がれていた物語がベースになっていたそうですので、『ジャータカ』がイエスの奇跡を剽窃したというわけではありません。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教の成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村