2017年04月16日

キリスト教の成立 イエスの誕生4 イエスがベツレヘム生まれとは考えられない理由について

 出生については一先ず措き、誕生したとされる場所についても書いておきましょう。

 マタイとルカだけはその福音書の中でイエスはベツレヘム生まれとしています。しかし、これらの話を信じるべきではありません。

 神話によれば、イエスの両親がナザレからベツレヘムに向かったのはアウグストゥスが人口調査を行うから各自の故郷へ戻れと命令を下したことがきっかけです。その頃、ヘロデ王は新たな王がベツレヘムに生まれたと聞いて自分の王権が失われるのを恐れ、2歳以下の男児を皆殺しにするよう命令を出したとされます。イエス一家は危機一髪でエジプトに逃れ、殺害を逃れたことになっています。

 ところが、ユダヤ人の歴史家ヨセフスによれば、ユダヤで人口調査が初めて行われたのは先に触れた通り、ユダヤが属州化された紀元後6年です。これはもう、どうやってもイエスの生年と合いません。

 先にルカはイエスの生年を紀元6年としていることを書きましたね。恐らく、初めて人口調査が行われた紀元6年にイエスが赤子でなければ、幼児抹殺令から逃れるためにベツレヘムからエジプトへ逃亡したという神話と矛盾するからです。この場合、命令を出したはずのヘロデは死んでしまっているので、どう転んでも矛盾を脱することはできないのですけど。

 更に、イエスのベツレヘム生まれを歴史的事実とするには問題があります。ローマの人口調査は、ローマ市民権を持つ者のみが対象でした。ということは、ユダヤ人であるイエスの両親(当然、イエス本人も)は人口調査の対象ではないのです。従って、ナザレを離れるべき理由は存在しません。

 福音書の著者がイエスをベツレヘム生まれとしたのは、メシアはダビデの子孫でベツレヘムに生まれると預言されていたためです。その預言に合うように、彼らはイエス生誕の物語を創作しました。ちなみに、ダビデの子孫であるのはマリアではなく大工の父であるわけですが、処女懐胎を主張する人々が父ではないはずの人物の血筋を一生懸命捏造しているところは微笑ましいというべきか、締切に逐われて缶詰にされる作家のようなものだと思えばよいのか悩みます。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教の成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村