2017年04月11日

キリスト教の成立 前史6 反対派をことごとく殺しつくすヘロデの圧政

 こうしてヘロデはユダヤの王となり、ヘロデ朝が始まります。前37年のことです。彼はヒルカノス2世の娘と結婚していました。ローマから王位は奪われていてもまだまだ権威はあったハスモン家と結びつくのは彼の力を高めるには有利だったことでしょう。しかし、いざ自分がトップに立ってみると、ハスモン家の影響力は脅威となります。

 彼はハスモン家の人々を次々と死に追いやってしまいます。妻の弟を、妻を、妻の母を、そして妻との間に生まれた自分の息子2人すらも。

 太宰治の『走れメロス - 』はシラクサが舞台だと作中で述べられておりますが、この中で王は大勢を殺したと村人はメロスに告げます。

「はい、はじめは王様の妹婿さまを。それから、御自身のお世嗣よつぎを。それから、妹さまを。それから、妹さまの御子さまを。それから、皇后さまを。それから、賢臣のアレキス様を。」


 とても似ているように思えてしまいます。

 ヘロデは身内に加えて反対派も次々と抹殺していきます。アンティゴノス派を全員殺したので、最高議会の議員の半数以上がいなくなったそうです。メロスが聞けばさぞ激怒したことでありましょう。

 アウグストゥスは、ヘロデはのこうした強権的な支配を聞き、「ヘロデの息子であるよりも、彼の飼うブタである方がマシだ」と評しました。全く同感で、このような恐怖政治の下では暮らしたくありません。

 ローマは基本的に占領地に寛大で、支配地の住民には皇帝を直接信奉することは免除し、供犠、納税、進貢、遵法さえ守れば信仰には口出ししない方針でした。ユダヤでも同じ扱いを受けます。宗教を制限しようとすれば激烈な反対が起こることを学んできたからでしょう。

 宗教的にはフリーハンドを得た格好のヘロデは港湾都市カイサリアのような都市建設や、神殿の改築といった大規模建築に力を注ぎます。特に神殿の大改修は、ソロモンを超える程だったとされています。今でもエルサレムの旧市街にはその痕跡が見られるそうです。一方で建設プロジェクトへの投資のため税は高く、民衆の不満は高かったとされています。当然でしょうね。


走れメロス -
走れメロス -

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教の成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村