2017年04月01日

ローマ2 ドミティアヌス4 ダキアとの一進一退の戦い後に和平を結ぶが、市民は不満を抱く タカ派は銃後に居るものだ

 ダキアは和平を申し出ますが、勝利に奢るローマはダキアの中枢を衝かんと、提案を拒絶しました。

 ドミティアヌスは親衛隊長官フスクスに指揮を任せ、自らは帰国します。タキトゥスは、この時にドミティアヌスが本当は戦果など挙げていないのに奴隷を買って捕虜だと主張したとこき下ろしていますが、さすがにこれはペンの力を借りた暴力と言えましょう。

 しかし、ドミティアヌスの帰還は早すぎたのかもしれません。フスクスはダキアに大敗し、1個軍団と親衛隊が全滅、フスクスもまた戦死するという事態に陥ったのです。軍団旗が奪われるという、ローマ軍団にとっての屈辱のついてのことでした。矢も楯もたまらず、翌年には軍の指揮経験豊富な執政官経験者ユリアヌスを司令官に据え、ダキア戦線を強化します。狙いは当たり、ユリアヌスはダキア族を平地におびき寄せて勝利しました。

 全体的に見れば、ローマが防戦に成功してはいますが、敵中核に決定打は与えられないことで、一進一退の攻防が続いていたと纏められるでしょう。

 ドミティアヌスにとっては、不遜にもローマに攻撃を仕掛けたダキア族に懲罰的な攻撃を加え、彼らの勢力を弱体化させたことで十分でした。そもそも、長い国境線の全てで戦い続けることは不可能なことです。どこかで矛を収めなければなりません。そこで、ダキアと和平を結ぶこととなりました。

 ところが、ローマ市民は基本的にタカ派、それも超タカ派と断言できる人々です。既に見てきたように、執政官は軍事指揮官で、彼らの人気は外征での勝利にこそありましたね。ローマ市民にとって、分かりづらい和平による利益よりも勝利による高揚のほうが良いものだったのです。ただでさえ和平は不人気なのに、和平条約の中にダキアの捕虜となっていた兵士1人あたり2アッシスを払うという条項があったことは致命的でした。これがローマ人の不評を買ってしまったのです。全体的に見れば、軍事行動でかかる費用のほうが負担を増したでしょうに。

 自分が戦争に行かなくて良い人々は、戦勝以外の結果は認められないものなのでしょう。最大のタカ派は、いつだって戦争には行かなくて済む人々なのです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村