2016年05月26日

ローマ 共和制の成立8 一難去ってまた一難、ケルトの後にはサムニウム人との戦いがローマを待ち受ける

 軍事改革はこれくらいにしておきましょう。

 前367年にもケルトは襲来し、カミルスは老齢の身で再び独裁官に選ばれ、ケルト軍を粉砕しました。凱旋式4回、独裁官に推薦すること5回という、前人未到の功績を挙げていることからカミルスは第二の建国者と讃えられることになります。

 しかし、劇的な話が個人に集中しすぎていることもあり、カミルスの伝説も、歴史と神話の間にあるものと見られています。確かなのは、ローマがケルトに占領され、その後30年も経たないうちに復興したことです。その折々で活躍した英雄たちの功績や伝説がカミルスという個人に集約された結果なのかもしれません。

 復興したローマの前に新たな敵が現れます。ローマの南、カンパニア地方に山岳民族のサムニウム人が勢力を広げようとしていたのです。カンパニアの都市カプアはローマに助けを求め、こうして前343年から前341年まで続く第一次サムニウム戦争が幕を開けます。ローマは勝利を得て、和平を結びました。しかし、ローマのみが勢力を伸ばすことに周辺の都市は反発します。こうしてラテン同盟は反ローマに立ち上がりますが、カンパニア駐在のローマ軍は直ちに反乱を鎮圧します。ケルト人との戦いで培った技能は伊達ではありませんでした。

 無敵に見えたローマですが、再びサムニウム人と戦争(第二次サムニウム戦争 前327年〜前305年)に突入すると、思わぬ苦戦を強いられます。

 平地の戦いは、言ってみれば都市を攻略するための戦いです。謂わば、点を支配すればよいのです。しかし、山岳民族は険阻な山でゲリラ戦を行うばかりなので、面を制圧しなければなりません。必然的に攻撃側は広い地域に軍を分散し、しかもいつ敵襲があるか分からない状態です。対する防御側は、敵の最も薄いところに兵力を集中させ、しかもヒットアンドアウェイで犠牲を強いていけば良いわけですから、どちらが有利かは一目瞭然ですね。苛立ったローマはサムニウムを徹底的に滅ぼすべく、4軍団をカンパニア東部へ派遣します。

 ポンティウスに率いられたサムニウム人は、羊飼いに紛争させたスパイをローマ軍に送り、ローマの同盟国がサムニウム人に滅ぼされそうになっていると訴えます。山岳ゲリラが平地に出て都市攻囲戦を行うということは、彼らが地の利を捨て、しかも集結しているので一網打尽のチャンスなのです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村