2016年05月11日

ローマ 建国神話6 ロムルスの跡を継いだサビニ人のヌマ、ローマ改革に力を発揮する

 誰の目にも明らかなのは、ロムルスの次の指導者を選ばなければならない、ということです。

 ローマが独特なのは、ここでロムルスの息子が担ぎだされたわけではないことでしょう。多くの場合、独裁的な権力を握る人物は自分の子を次の支配者に指名します。前時代的な北朝鮮は今でもやっていることです。子孫に王権を伝えられなかったのは、王の子どもとは言え、まだまだ未熟な若者が側近たちを御することは無理だったからでしょう。ソ連や中国のように独裁者が何千万も殺せるような強力な権力を握っていても、権力の世襲は出来なかったことと考え合わせると面白いかもしれません。

 ロムルスの次の王に名乗りを上げたのは、ユリウス・プロクルスなる人物です。彼は、ロムルスからのお告げだとして、「私(=ロムルス)は神になってローマを去ったので、次の王を選ぶべし」と言っていたと主張、自分がその王の候補者に名乗り出ました。随分と図々しい話ですが、この人物こそ、ユリウス・カエサルの先祖として歴史上に現れる最初の人物です。

 一方、サビニ人からは次の王はサビニ人から選ぶよう、要求が出されました。ロムルスとタティウスの共同統治が崩れた後、サビニ人からは後継者が出ていなかったのですから彼らの要求も当然でしょう。ローマ人は条件付きで同意します。その条件とは、ローマ人がサビニ人から王を選ぶというものでした。

 ローマ人達によって次代の王に選ばれたのは、タティウスの息子のヌマ・ポンピリウスでした。ヌマは断りましたが、度重なる要請に遂に折れ、王となります。ヌマの治世はとても優れたものでした。そのためか、神の助言を得ていたという話まで出ます。ヌマは妻が死んだ後、エゲリアというニンフと親しくなったとされています。このエゲリア経由で神からの助言を得ていた、というのです。

 神の影響すら噂されたヌマは、何をしたのでしょうか。

 まず、部族間の対立をなくすため、「パギ」(「教区パリッシュ」の語源)と呼ばれる細かな集団に再編しています。ということは、それまでは同じローマに住んでいても部族間では争いが絶えなかったということですね。

 ロムルスとレムスの故郷、アルバ・ロンガからウェスタの処女を導入したのもヌマです。ウェスタの処女は、ローマの安定を司るとされた火床の神ウェスタに仕える女性たちのことです。定員は6人で、彼女たちはウェスタの具現とされた聖なる火を守り続けることを義務とします。様々な特権を与えられた代償として、在任中に子を持つことは許されません。処女を失った場合は殺されるのですが、血を流しては行けないということで生きたまま埋葬されてしまいます。30年の任期が過ぎれば結婚が許されるようになるのですが、殆どはどのまま巫女であることを続けたそうです。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村